所沢駅東口駅ビル、『通過する街』から『働きたい、住みたい、訪れたい街』に 画像 所沢駅東口駅ビル、『通過する街』から『働きたい、住みたい、訪れたい街』に

インバウンド・地域活性

 西武ホールディングス(東京都豊島区、後藤高志社長)は15日、埼玉県所沢市で計画していた「所沢駅東口駅ビル」の起工式を現地で行った。西武池袋線・新宿線の所沢駅東口に複合施設を建設するプロジェクト。設計は、東急設計コンサルタント。施工は西武建設・前田建設JVが担当する。
 建設地は所沢市くすのき台1の1の1ほか。敷地面積は約3万9400平方メートル。建物はS造地下2階地上5階建て延べ11万6000平方メートルの規模となる。このうち、今回の工事の対象となる増築部分が6万6400平方メートル。既存駅舎や駅直結の商業施設「エミオ所沢」は残しつつ、東西を一体化した商業施設と駅舎からなる複合施設を整備する。東口側が5階建て、線路上空が3階建てとなる。500台分の駐車場も設ける。
 全体を2期に分けて工事を進める。第1期では、東口側の商業店舗と、駅直結商業施設につながる新改札口を整備する。第2期では、線路上空の商業店舗や南側の新改札口を整備する。第1期工事は18年春、第2期工事は、20年夏の完成を目指す。
 起工式では、東急設計コンサルタントの大野浩司社長が鎌、西武HDの後藤社長が鍬、西武建設の中村仁社長が鋤をそれぞれ力強く入れ、工事の安全を祈った。
 後藤社長は「西武鉄道沿線の要で、本社がある所沢に新たな駅ビルを建築できることは喜びに堪えない。所沢を『通過する街』から『働きたい、住みたい、訪れたい街』にしたい。選ばれる沿線に変えていきたい」と語った。
 中村社長は「安全・安心を第一に、高い技術力で確かな品質の建物を必ず工期内に建てる。それを通じて所沢市の発展に貢献したい」と述べた。
 来賓として出席した所沢市の藤本正人市長は「駅ビル整備を行う所沢駅周辺では、さまざまな再開発事業も進んでいる。所沢という街の活性化が今後一層進んでいくことを期待している」と述べた。
 □羽深昭宏所長(西武建設)の話□
 「事業に携わる工事関係者一同、重大な任務と受け止め、施工させていただく」。

西武HD/所沢駅東口駅ビル(埼玉県所沢市)が起工/施工は西武建設JV

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  3. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  4. 東京メトロ銀座線大規模リニューアル/下町エリア7駅が新装!

  5. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  6. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  9. ~田舎にもっと外貨を!:2~日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top