『ポケモンGO』×「マクドナルド」コラボ! 集客のヒミツはこれだ! 画像 『ポケモンGO』×「マクドナルド」コラボ! 集客のヒミツはこれだ!

IT業務効率

日本マクドナルド、Niantic,Inc.、株式会社ポケモンは、iOS/Androidアプリ『ポケモンGO』のコラボレーションに関する詳細を発表しました。

このコラボレーションの実施に関しては以前お伝えしましたが、その詳細がこのたび明らかに。単独ローンチパートナーとして、日本国内のマグドナルド全店舗(約2,900店舗)が、『ポケモンGO』内の特別な場所となる「ジム」(約400店舗)や「ポケストップ」(約2,500店舗)となります。詳しくは下記をご覧ください。


■コラボレーション内容
国内のマクドナルド全店舗(約2,900店舗※)のうち、約400店舗が「ジム」、約2,500店舗が「ポケストップ」として、『ポケモンGO』のアプリ内で表示されます。

※一部店舗を除く

■ジム
プレイヤーたちは3つのチームに分かれてバトルを繰り広げ、「ジム」を取り合います。プレイヤーはどれか1つのチームに参加すると、「ジム」に所属することができるようになります。自分と同じチーム(「仲間チーム」)のプレイヤーと協力しながら、「仲間チーム」の「ジム」を守ることや、相手チームのジムを攻略することができます。

■ポケストップ
公共のアート作品、歴史的なスポット、博物館や遺跡など、人々が関心を持つような場所(ランドマーク)が指定されています。プレイヤーが近づいてタップすると、モンスターボールなどの道具やポケモンのタマゴが手に入ります。

※ゲームをお楽しみいただく場合は歩きながらの操作はおやめください。周りのお客様にご迷惑にならないようにご配慮お願いいたします。

(C)2016 Niantic, Inc.
(C)2016 Pokemon. c1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
※画面は開発中のものです。

『ポケモンGO』×「マクドナルド」コラボの詳細判明…店舗が「ジム」か「ポケストップ」に!

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  4. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  6. 蚊の嗅覚受容体を人体検知ロボットに応用……災害救助で早期発見

  7. 大林組、山岳トンネル切羽評価に人工知能を適用/ディープラーニングで専門家と同等の評価

  8. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  9. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  10. VRによる未来のコミュニケーションとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top