【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる 画像 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

IT業務効率

【記事のポイント】
▼伝統工芸をアニメという対極の異業種につなぐ、しなやかな発想
▼低成長期のものづくりには、付加価値を見出すことが重要
▼時代のニーズを読み解く先に、ものづくりの生き残る道が広がっている


■伝統工芸とは無縁に思えるアニメとのコラボで大ヒット

 古き良き伝統に裏打ちされてきたからこそ、従来のものづくりから脱却した次代のものづくり、すなわちポストものづくりの視点が強く求められている伝統工芸。既存の商品ラインアップや販路だけでは市場が先細りし、衰退の一途に苦しむケースは決して珍しくない。

 そんな中で見事に既存からの脱却を果たし、新たな市場を切り開いたのが、宮城・仙台で伝統工芸の玉虫塗(たまむしぬり)を手掛ける東北工芸製作所だ。

 玉虫塗は漆芸の1つで、下地を施した器に銀粉をまきかけ、その上から染料を加えた透明な漆を吹き付けて仕上げる。漆の下から銀粉が艶やかな光沢とともに浮かび上がる様は見事で、見る角度によって微妙に色合いが変化することからその名がつけられた。

 玉虫塗の商品は食器をはじめ花瓶や小物などが中心だったが、2009年7月、大人気アニメ『戦国BASARA』のキャラクターを玉虫塗でデザインした絵葉書が登場すると一躍脚光を浴び、飛ぶように売れた。同社のショールームで、営業部を統括する常務取締役の佐浦みどり氏は次のように振り返る。

「発売日までに1種類のデザインあたり100枚、計8種類のデザインで合計800枚を制作していたのですが、ネットで販売の予約受付を開始すると注文が殺到して、予約分だけでも在庫がなくなってしまうほど。ほかにもアニメグッズを扱うショップや土産物店、弊社の直営ショップといった実店舗でも販売する分を用意しなければなりませんでしたので、慌てて増産して、結局、3か月で1万枚も売れました」

 玉虫塗の絵葉書はそれまでにもあったが、デザインは松島の風景や仙台七夕まつりといった宮城県にちなんだもので、地元のみでの小ロット販売であった。つまり、絵葉書の大ヒットのカギは「伝統工芸×人気アニメのコラボレーション」にあるわけだが、このコラボはどのようにして実現したのだろうか?

「実は宮城県から、『戦国BASARA』を活用した商品化に関するセミナーの案内を受けまして、すでに地ビールとコラボした成功事例があるということでしたので、ならば玉虫塗でもなにかできるかもしれない、玉虫塗になじみのないアニメファンの方々にも玉虫塗をPRできるかもしれないと考えて、セミナーに参加したのです」

 セミナーで『戦国BASARA』のアニメ制作を行っているプロダクション・アイジーの担当者と面会したことをきっかけに、コラボ商品の開発に着手。幅広い価格帯の玉虫塗の商品の中で、アニメファンの多くを占める若者層にとっても比較的手頃な絵葉書を商品ジャンルに決めた。

 すでに松島の風景や仙台七夕まつりをデザインした絵葉書の開発・製造実績があるだけに、特別に生産ラインを構築したり、人員を配置したりといった負担はなかった。当初の800枚から急きょ、増産が迫られた際は、スタッフがフル稼働で残業の連続で、ときには休日出勤もあったが、それはうれしい悲鳴だったという。

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

    全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

  2. ゲームだけじゃない。 様々なジャンルに広がるVR

    ゲームだけじゃない。 様々なジャンルに広がるVR

  3. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

    三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

  4. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  5. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  6. 指先ひとつで支払い完了…ハウステンボスで指紋認証決算スタート

  7. 運送会社の非稼働時間を利用で低価格マッチング、サービスイン

  8. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  9. 【スマート林業:3】電力自由化!間伐材で作る再生エネ!

  10. 工事現場の「電子看板サービス」が登場、騒音・振動公開機能など搭載

アクセスランキングをもっと見る

page top