コルビュジエの国立西洋美術館を、建設の視点でとらえると? 画像 コルビュジエの国立西洋美術館を、建設の視点でとらえると?

制度・ビジネスチャンス

 10日からトルコ・イスタンブールで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会で、国立西洋美術館本館(東京・上野公園)を含む近代建築の巨匠ル・コルビュジエが設計を手掛けた国内外の17施設が、世界文化遺産に登録されることが決まった。1959年に竣工した国立西洋美術館本館は日本にある唯一のコルビュジエ建築。実施設計・監理をコルビュジエの下で学んだ前川國男、坂倉準三、吉阪隆正が手掛け、構造設計を横山建築構造設計事務所と当時の文部省管理局教育施設部工営課がそれぞれ担当。清水建設が施工した。
 登録が決まったコルビュジエ建築17施設は、国立西洋美術館本館のほか、フランスの10施設、スイスの2施設、ドイツ、ベルギー、アルゼンチン、インドの1施設。これら7カ国が「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」と題して共同推薦していた。
 国立西洋美術館本館はRC造地下1階地上3階建て延べ4181m2の規模。98年に日本初の免震レトロフィット工事が行われ、新築に続いて清水建設が施工を担当。オリジナルデザインを変更することなく免震化され、地震時の来訪者の安全確保と美術館としての機能維持、収蔵品の損傷防止を図った。
 世界遺産登録について清水建設の井上和幸社長は「59年の新築、98年の免震改修を手掛けた当社にとってこの上ない喜びであり名誉。今後も全社一丸となって技術の研さんに励み、子どもたちに誇れる仕事を後世に遺(のこ)していきたい」とのコメントを出した。
 これで日本の世界遺産は、文化遺産と自然遺産を合わせて20件となる。

国立西洋美術館/世界遺産登録が正式決定/日本唯一のコルビュジエ建築

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

    中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

  2. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  3. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  4. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  5. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  6. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. 【倒産情報】農業ビジネスのアーサーアグリが破産手続き――社長逮捕で資金調達頓挫

  9. 選挙戦スタート、各党の建設業界の課題への対応は?

  10. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

アクセスランキングをもっと見る

page top