【時事エッセイ】サラリーマンのお小遣い、15年はいくら? 画像 【時事エッセイ】サラリーマンのお小遣い、15年はいくら?

制度・ビジネスチャンス

 ほかの人は一体いくらぐらいもらっているのだろう? 他人の財布の中身を詮索する趣味はないが、自分の金額が適正なのかどうか、平均に比べたらどうなのか、つい気になってしまうのは、やはり貧乏性ゆえか▼毎月のお小遣いの話である。新生銀行が先週、1979年から行っているサラリーマンのお小遣い調査で15年の結果を発表した。男性は前年より1930円減って3万7642円と調査開始から2番目の低水準、女性は前年より2244円少ない3万4468円だったそうだ▼特に50、40代の男性は4000円以上の減額。家計負担のアップが「お父さんのお小遣いを直撃」と発表資料にあった。痛い。上場企業の16年3月期は好決算が続出したと記憶するが、一般庶民の経済実感は大体お小遣い調査の結果に近いのではないか▼参院選まで4日。安全保障や改憲も争点には違いないが、メディアの調査で有権者の関心が高いのは圧倒的に年金など社会保障を含めた経済政策だ。何はともあれまずは衣食足りてこそ、ということだろう▼政治の要諦は経済。もちろんインフラ整備もその大事な一つである。

回転窓/政治の要諦は経済

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  2. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

    主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  3. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

    【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  4. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  5. お金をかけなければ、知恵が生まれる

  6. 「道の駅」から始まる自動運転、必要な2つのニーズとは?

  7. ヤマト運輸が全但バスと「客貨混載」を開始、物流効率化と過疎化のバス路線網維持

  8. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  9. ボートもシェアする時代へ、スポーツ航行や羽田B滑走路直への接近

  10. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

アクセスランキングをもっと見る

page top