16年産の適正生産量はミカン89万トン、リンゴ81万トン

制度・ビジネスチャンス

 農水省は3日、2016年産温州ミカンとリンゴの適正生産出荷見通しを発表した。生産目標となる適正生産量はミカンが89万トンとなった。今年は裏年に当たるが、収穫期の雨で生産量が落ち込んだ前年産実績より11万トン増と見込んだ。リンゴは前年実績より2000トン少ない81万トンの生産量と予想した。
 ミカンは開花期の晴天で着花状況が良く、同じ裏年だった14年の生産実績と比べても1万トン多い。適正生産量から農家の自家消費分などを引いた適正出荷量は前年と比べ1万トン減の80万トン。内訳は生食用が1万トン減の71万トン、加工原料用が前年と同じ9万トンとした。

 同省は今年産の着花量が全国的に多いことを受け、「十分な摘果が行われなければ、樹勢が弱まり、翌年以降の隔年結果を助長する恐れがある」と指摘。「長期的な価格安定のため、産地には例年以上に作業を徹底してほしい」(園芸作物課)と求めた。

 リンゴも着花状況は良好。雪害などの被害もなく生産量は平年並みの水準を見込む。適正出荷量は前年より生食用が5000トン増加し72.5万トンとみる。

 見通しを受けて、全国果実生産出荷安定協議会かんきつ部会は9日、同落葉部会りんご委員会は15日に会議を開き、ミカン、リンゴそれぞれの県別配分量を決める。

ミカン89万トン リンゴ81万トン 16年産の適正生産量

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

    環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  2. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  3. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

    建設業界、「人手不足」は根拠がない話

  4. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  5. 福島復興風力、仮事業者を公募。再生可能エネで県内需要を

  6. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. 市光工業、カスタマーパーツセールス課事業売却へ

  9. 東京貨物ターミナル駅施設整備、WTO入札公告

  10. 女性技術者がモデル!兵庫県但馬県民局、建設業の女性用作業着を開発

アクセスランキングをもっと見る

page top