16年産の適正生産量はミカン89万トン、リンゴ81万トン

制度・ビジネスチャンス

 農水省は3日、2016年産温州ミカンとリンゴの適正生産出荷見通しを発表した。生産目標となる適正生産量はミカンが89万トンとなった。今年は裏年に当たるが、収穫期の雨で生産量が落ち込んだ前年産実績より11万トン増と見込んだ。リンゴは前年実績より2000トン少ない81万トンの生産量と予想した。
 ミカンは開花期の晴天で着花状況が良く、同じ裏年だった14年の生産実績と比べても1万トン多い。適正生産量から農家の自家消費分などを引いた適正出荷量は前年と比べ1万トン減の80万トン。内訳は生食用が1万トン減の71万トン、加工原料用が前年と同じ9万トンとした。

 同省は今年産の着花量が全国的に多いことを受け、「十分な摘果が行われなければ、樹勢が弱まり、翌年以降の隔年結果を助長する恐れがある」と指摘。「長期的な価格安定のため、産地には例年以上に作業を徹底してほしい」(園芸作物課)と求めた。

 リンゴも着花状況は良好。雪害などの被害もなく生産量は平年並みの水準を見込む。適正出荷量は前年より生食用が5000トン増加し72.5万トンとみる。

 見通しを受けて、全国果実生産出荷安定協議会かんきつ部会は9日、同落葉部会りんご委員会は15日に会議を開き、ミカン、リンゴそれぞれの県別配分量を決める。

ミカン89万トン リンゴ81万トン 16年産の適正生産量

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク

    【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク

  2. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

    主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  3. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  4. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  5. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  6. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  7. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

  10. 鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設

アクセスランキングをもっと見る

page top