茨城県・中央公園防災アリーナPFI。17年5月着工へ 画像 茨城県・中央公園防災アリーナPFI。17年5月着工へ

インバウンド・地域活性

 茨城県神栖市は17年度、BTO(建設、譲渡、運営)方式のPFIを採用する「神栖中央公園防災アリーナ」=完成イメージ=の建設に着手する。施設の整備・運営は清水建設を代表とする特定目的会社(SPC)の「神栖防災アリーナPFI」が担当。本年度末までに設計をまとめ、17年5月の着工、19年3月末の完成、同6月の供用開始を目指す。設計は清水建設・梓設計JV、施工は清水建設・太平建設JVが担当。整備費は121億0802万3581円、運営・維持管理費は50億4622万9800円(いずれも税込み)。
 SPCには、代表の清水建設のほか、構成員として東京アスレティッククラブと三菱電機ビルテクノサービスが参画。このほか協力会社として梓設計と太平建設、コンベンションリンケージが事業に携わる。
 防災アリーナの建設地は、神栖中央公園(木崎1219の7)内の北西側の敷地(2・9ヘクタール)。建築面積は1万3675平方メートル。建物はS造2階建て延べ1万8575平方メートルの規模。バスケットボールコート3面を有するメーンアリーナと、観客席2500席(固定)、サブアリーナを配置する。このほか、競泳用プール(25メートル×8コース)や温浴施設、トレーニング室や音楽ホール(観客席300席)などを設ける。
 施設の運営・維持管理期間は19年度から33年度末まで。それらの業務は東京アスレティッククラブ、三菱電機ビルテクノサービス、コンベンションリンケージが担当する。

茨城県神栖市/中央公園防災アリーナPFI/17年5月着工、整備・運営は清水建設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

    知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  4. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  8. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  9. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  10. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

アクセスランキングをもっと見る

page top