~Sakeの海外戦略:5~アメリカ人日本酒伝道師の教えとは? 画像 ~Sakeの海外戦略:5~アメリカ人日本酒伝道師の教えとは?

海外進出

【記事のポイント】
▼輸入業者の得意分野、米内陸部へのルートの有無を見極める
▼「為替」と「支払条件」を十分に考慮する


■アメリカ市場における日本酒戦略とは?

 欧米市場における日本酒の人気が拡大している。昨年の酒類の輸出金額は前年比で約1.3倍となる約390億円で、4年連続で過去最高額を更新。中でも清酒は約140億円の輸出額を計上し、6年連続の過去最高額となった。

 ここ数年で日本が最も多くの日本酒を輸出している国がアメリカだ。その割合は世界全体の36%を占める。とはいえ、欧米のマーケットに日本酒を売り込むにあたり、現地での商習慣などの情報が、国内の酒蔵に浸透しているとは言いがたい。果たして、欧米で“SAKE”を売るには、どのような点を心得るべきだろうか?

 今から28年前の来日で日本酒の魅力に触れて以来、執筆活動や輸出などを通じて“日本酒伝道師”として活動するアメリカ人ジャーナリストのジョン・ゴントナー氏は、「アメリカの話でいえば、取引先となる輸入会社がとても重要です」と語る。

「数多くの輸入会社がありますが、大きい会社と小さい会社はでそれぞれ特徴が違います。大きい会社がルートを網羅していて強いのは確かですが、スピリッツやワインを主な商品にしていて、日本酒が大事な扱いをされないこともあるようです。逆に小さい会社だと、大事にされやすい傾向にありますが、販路を網羅しているわけではありません」

 自身でも輸出会社を経営しているゴントナー氏。アメリカ市場については「さらにマーケットが拡大していく余地がある」と話す。

「ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴといった大都市には日本酒が入ってきていますが、内陸部はまだまだです。ニューヨークに輸出した商品をそのままオハイオで売ることができないように、アメリカでは州ごとに法律が異なります。そのため、内陸部の州では日本酒が浸透していないところも多いです」

 有力な卸問屋の中にも、まだ日本酒を本格的に扱ってない業者がいるとのこと。地域や商業の面で、アメリカでのさらなる日本酒人気拡大の可能性を示唆している。

《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 経済発展に湧くベトナムでの日系企業の挑戦

    経済発展に湧くベトナムでの日系企業の挑戦

  3. ボイラの三浦工業、クアラルンプールに駐在員事務所を開設

    ボイラの三浦工業、クアラルンプールに駐在員事務所を開設

  4. 1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

  5. インドネシアで火山が噴火…警戒レベル最大、噴煙は高さ1500mに

  6. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  7. 世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

  8. ハラル認証「カルピス」をマレーシアへ初展開! アサヒ飲料

  9. グローバル化対応コミュニケーションと言葉の壁

  10. 新日鉄住金 インドネシアで最新鋭の自動車鋼板製造ラインを起工

アクセスランキングをもっと見る

page top