~Sakeの海外戦略:4~世界100カ国で「梵」が成功した理由 画像 ~Sakeの海外戦略:4~世界100カ国で「梵」が成功した理由

海外進出

【記事のポイント】
▼年間180日を出張先で過ごす経験から「現地で取引先と会うことが重要」
▼偽造品を防ぐためにも商標登録の登録は不可欠
▼パッケージデザインの工夫で消費者の理解を促進


■現地に赴き、現地語でコミュニケーション

 ロンドンで毎年開催される世界的ワインコンペ「インターナショナル ワイン チャレンジ」において、07年から日本酒部門が設置されるなど、海外の酒類市場において日本酒の存在感が高まっている。現在、国内の日本酒製造業者のうち、輸出に取り組んでいる企業は全体の4割以上。この10年で海外での日本食レストランも3倍に以上増えており、今後の日本酒産業にとって、海外市場は大きなマーケットとなる。

 しかし、世界で“SAKE”を展開するための方法論は未だ確立されておらず、日本酒製造業者が手探りで進めているのが現状だ。世界100以上の国や地域で商標登録を受け、海外コンペで高く評価されている「梵(英語表記は『BORN』)」を展開する加藤吉平商店の加藤団秀代表は、「実際に現地に赴き、現地の言葉で話し合うことが大事です」と語る。

「現地のソムリエの方、レストランオーナー、リカーショップのオーナー、スタッフの方々と話し合いをしながら、少しずつ市場を広げていくことが最も大切です」

 そのため、加藤代表は年間50回ほど海外に赴き、180日程度を出張先で過ごす。たとえ英語が通じやすい国であったとしても、現地の通訳を雇い、現地語でコミュニケーションを取っているとのこと。日本食を含む現地の食と、同社の提供する日本酒が最大限に調和するように綿密なケアを行っている。

 その上で同社では、海外での取引先となるディストリビューターやレストラン関係者に対して、福井県鯖江市にある酒蔵への訪問を積極的に受け入れている。言葉の異なる取引相手との信頼関係の構築が、同社が各国で成功している大きな要因となっていることは間違いない。

■海外戦略では商標登録と安全性が重要

 加藤代表が海外進出に欠かせないと語るのが商標登録。「商標登録できない国や地域には絶対に輸出をしません」と話す。商品が人気を集めるとともに、その偽物が流通するリスクも高まる。その際には、現地のパンフレットなどに商標登録の写しを載せることが、大きな抑止効果になるという。

 同社では「梵(BORN)」ブランドのほか、「夢は正夢」などの主力ブランド名についても商標登録を進めている。製造業者にとってコスト負担となる商標登録だが、海外事業においては必要不可欠なのだ。

《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. Youは何買いに日本へ? 輸出EXPOで聞きました/圧倒的な人気はこれでした

    Youは何買いに日本へ? 輸出EXPOで聞きました/圧倒的な人気はこれでした

  2. ~ポストものづくり時代:4~世界唯一のモヘア糸、その作り方・売り方

    ~ポストものづくり時代:4~世界唯一のモヘア糸、その作り方・売り方

  3. ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店

    ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店

  4. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  5. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  6. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  7. トリドール、初めてのミャンマー進出!/ヌードルショップで世界展開へ

  8. キングスオート社長が語る香港中古車ビジネス

  9. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

アクセスランキングをもっと見る

page top