日本の農業就業人口、200万人を割りこむ 画像 日本の農業就業人口、200万人を割りこむ

人材

 2016年の農業就業人口(2月1日現在)が192万2200人となり、200万人を初めて割り込んだことが農水省の調査で分かった。高齢者の離農が加速し、若者の就業人口も大きく減った。1990年からは6割もの減少となる。環太平洋連携協定(TPP)で生産基盤がさらに弱体化する恐れもあり、経営安定対策など安心して営農できる環境整備が一層重要になっている。

 同省の農業構造動態調査で分かった。農業就業人口は90年に約480万人いたが、年々減少し、特にこの10年間は高齢化で落ち込みが加速していた。

 16年の農業就業人口を世代別に見ると、定年を機に就農者が増えた団塊の世代に当たる65~69歳(前年比6.2%増)を除いて、いずれの世代も前年を下回った。

 特に全体の5割弱を占める70代以上の落ち込みが目立ち、70~74歳は12.5%減に達した。戦後農業を支えてきた昭和1桁世代(80歳以上)だけでなく、これに続く世代の離農も進んでいる。

 若手の就業人口の伸び悩みも深刻だ。39歳以下は約12万人で、前年より16.5%も少なく、減少率は全世代でトップだった。

農業就業人口 200万人割る

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

    建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  2. 【今週のエンジニア女子】モデル経験のあるエンジニア……村田千紘さん

    【今週のエンジニア女子】モデル経験のあるエンジニア……村田千紘さん

  3. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

    「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  4. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  5. 「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

  6. 「就活やり直したい」は49%、ゆとり世代の転職志向が拡大!

  7. ゼネコン各社が女性の新卒採用を拡大。16年春入社は140人増の17%に

  8. ~HANJO女子~多様な働き方ができる職場が業界全体に広がってほしい/鹿島・石黒沙英さん

  9. 日本の農業就業人口、200万人を割りこむ

  10. 建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

アクセスランキングをもっと見る

page top