日本の農業就業人口、200万人を割りこむ 画像 日本の農業就業人口、200万人を割りこむ

人材

 2016年の農業就業人口(2月1日現在)が192万2200人となり、200万人を初めて割り込んだことが農水省の調査で分かった。高齢者の離農が加速し、若者の就業人口も大きく減った。1990年からは6割もの減少となる。環太平洋連携協定(TPP)で生産基盤がさらに弱体化する恐れもあり、経営安定対策など安心して営農できる環境整備が一層重要になっている。

 同省の農業構造動態調査で分かった。農業就業人口は90年に約480万人いたが、年々減少し、特にこの10年間は高齢化で落ち込みが加速していた。

 16年の農業就業人口を世代別に見ると、定年を機に就農者が増えた団塊の世代に当たる65~69歳(前年比6.2%増)を除いて、いずれの世代も前年を下回った。

 特に全体の5割弱を占める70代以上の落ち込みが目立ち、70~74歳は12.5%減に達した。戦後農業を支えてきた昭和1桁世代(80歳以上)だけでなく、これに続く世代の離農も進んでいる。

 若手の就業人口の伸び悩みも深刻だ。39歳以下は約12万人で、前年より16.5%も少なく、減少率は全世代でトップだった。

農業就業人口 200万人割る

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 清水建設が2年連続ベア実施、定昇と合わせ平均3.2%アップ

    清水建設が2年連続ベア実施、定昇と合わせ平均3.2%アップ

  3. 求む! 複数の技能ができる「多能工」!

    求む! 複数の技能ができる「多能工」!

  4. 服部栄養専門学校で卒業料理作品展示会

  5. 事業承継の2017年問題:1  M&A成功のポイントはどこにある?

  6. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  7. 儲かっている会社=信頼関係のある会社

  8. 電設協が働き方改革へ日建連に協力要請/適正工期での受注求める

  9. 堺市、社保未加入1次下請との契約に入札参加停止措置

  10. 製造業で働きたい若者を企業で雇用して研修 滋賀県

アクセスランキングをもっと見る

page top