【HANJO女子】補助金審査、住民目線で課題を解決 画像 【HANJO女子】補助金審査、住民目線で課題を解決

人材

 入庁から5年目。行政の仕組みや働き方にも慣れてきて、建築技術者としての自身の課題と目標がより明確になり始めてきた。
 14年度から所属する現在の部署は、JR山手線の外周部を中心に分布する木造住宅の密集地域で進める「都市防災不燃化促進事業」を所管。耐火・準耐火建築物への建て替え、老朽施設の解体、仮住まいの確保などに要する建築主の費用の一部を補助している。
 2年間の経験を踏まえ、与えられた職責をより高い水準で全うすることが本年度の目標だ。「補助金の申請内容を審査する際は、これまで以上に現場に足を運び、住民の目線で課題を解決することを心掛けていく」。
 昨年、都の防災事業を紹介するためにバングラデシュへ派遣された先輩の姿も刺激になっている。「将来は、語学力や都の歴史に関する知識などを深め、国内外に都の施策を発信していきたい」。
 建築と海外に関心があるのは、家族の影響もある。子どものころ、両親と旅行した欧州で見た荘厳な教会や美術館などの建築物が今でも忘れられない。建築関係の研究者として大学に籍を置く叔父は、歴史的建造物の保全や修復、途上国の地震防災などの活動で世界を飛び回るプロフェッショナルでもある。
 憧れだった技術者の道を歩む醍醐味(だいごみ)を知るのはまだこれから。「今できていないことは、これからやりたいこと」と苦しいことも原動力に変えていく。
 (防災都市づくり課防災事業担当、さかべ・ふみ)

凜/東京都都市整備局市街地整備部・坂部布実さん/国内外で活躍できる技術者に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

  2. 【中小企業の『経営論』】第4回:「人材は採れなくて当たり前」という話を聞いて思うこと

    【中小企業の『経営論』】第4回:「人材は採れなくて当たり前」という話を聞いて思うこと

  3. 建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手

    建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手

  4. ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

  5. 建設業界がメンタルヘルス対策に高い関心。労研調査でゼネコン半数に休業・退職者

  6. 退職後も生きがいを!中小企業も目指せ「健康経営」

  7. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が

  8. 社歌コンテスト大賞授賞式、AKB48 Team 8が会いに来た!

  9. ~社内コミュニケーションの秘訣~不良を優等社員に変えた教育

  10. 社長に多い出身大学は?…Top20は私大独占

アクセスランキングをもっと見る

page top