【時事エッセイ】隅田川花火と都知事選 画像 【時事エッセイ】隅田川花火と都知事選

制度・ビジネスチャンス

 江戸の夏の風物詩「両国の川開き」を知らせる花火は「鍵屋(かぎや)」と「玉屋(たまや)」が受け持った。当時の狂歌に〈橋の上 玉屋玉屋の声ばかり なぜに鍵屋と いわぬ情(錠)なし〉とあり、人気は玉屋が勝った▼その玉屋だが、失火が原因で幕府に廃業を命じられ、35年で店を閉じた。落語の演目「たがや」は玉屋を廃業させた幕府への批判を込めたオマージュだ▼「たがや」は、両国の川開きの当日、桶を修理するたがやの職人と武士が言い争いになり、たがやが侍の槍を奪って横に払うと侍の首が宙に。見物人の「たがやぁ」の掛け声が噺のサゲ。元はたがやの首を払う噺が、いつの間にか侍の首に改変された▼両国の川開きを引き継ぐ「隅田川花火大会」の今年の開催日は7月30日の土曜。荒天だと翌日に順延されるが、今回は東京都知事選と重なるため中止とするそうだ。都知事が首を取られた代償を都民が払うことがないよう好天を祈ろう▼ところで、肝心の都知事候補はいまだそろわず、後出しじゃんけんの気配も濃厚。人気投票ではなく、厳しい視線で候補者の資質をしっかり見定めたい。

回転窓/隅田川花火と都知事選

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

    朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

  2. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  3. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  4. いま「従業員持株会」が注目されるワケとは?

  5. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  6. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

  7. 事業承継税制が大幅に改正される

  8. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  9. 17年度建設投資、4.7%増見通し/2年連続増加、官民とも拡大

  10. ■ニュース深堀り!■融資で不足な資金を調達する活性化ファンド

アクセスランキングをもっと見る

page top