~Sakeの海外戦略:3~中国戦略の鍵はネットとエピソード! 画像 ~Sakeの海外戦略:3~中国戦略の鍵はネットとエピソード!

海外進出

【記事のポイント】
▼中国やアジア圏のターゲットは若者
▼アジア圏での戦略にはストーリー性が重要


■若者の多い国が有望なマーケットになる

 国内の輸出産業として日本酒が盛り上がりを見せている。外食チェーンによる海外進出の増加、海外メディアでの日本酒の紹介を背景に、海外市場に販路を広げている日本酒業界。国内市場が縮小傾向にあることも相まって、海外戦略に真剣に取り組む酒蔵は増えており、15年の輸出額は前年比で約2割増となる140億円と過去最高額を記録している。

 海外進出を目指す国内の酒造業者は、今後どのような戦略を取るべきか。中国を中心に日本酒の輸出や販促活動を行い、国家戦略プロジェクト「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」にも選ばれた和醸の山本敬代表取締役社長は、「マーケットとしては中国ですが、ベトナムとタイも有望ですね。両国とも若い人たちがとても多いことに注目しています」と話す。

 長年、中国で日本酒を販売する中で、「年配の人に日本酒を勧めてもなかなか受け入れられない」と実感したという山本氏。どうやら若者の方が、これまで馴染みのなかった日本酒文化を受け入れやすいようだ。

■販路もマーケティングもインターネットが鍵

 では、中国で日本酒を販売するにあたって、どのような販路が狙い目なのか。これについて山本氏は、まず小売店ではなく、飲食店にターゲットを絞るべきだと断言する。

「現地で日本酒はスーパーで買って自分で飲んだり、他人にプレゼントするよりも、まだまだ『日本料理店に行って飲むもの』と認識されています」

 さらに中国では小売店という業態そのものが、インターネット販売に押されているとのこと。「小売店との取引のように契約金などのコストも必要ないため、インターネット販売は今後有望だと考えています」と語る。

 また、インターネットが生活に密着している中国では、マーケティング面でもメッセージングアプリ「WeChat(微信)」などのSNSの活用が有効とのこと。「雑誌に高いお金を使って広告を出すより、SNSで発信力のある人に記事を書いてもらう方が、広告の効果がありますね」と話している。

《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

    唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  3. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  4. ~ポストものづくり時代:3~B2BからB2Cへの脱却!

  5. ~国産家具を世界へ!:2~インバウンドを世界市場につなげる

  6. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  7. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  8. “世界最大のウラン産出国”カザフスタンが「核燃料バンク」設立へ

  9. LL牛乳が香港に照準、アジアで有利販売が見込めるか!?

  10. フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

アクセスランキングをもっと見る

page top