世界の上をいくユニバーサルデザイン!新国立競技場の基本設計まとまる 画像 世界の上をいくユニバーサルデザイン!新国立競技場の基本設計まとまる

インバウンド・地域活性

 2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の基本設計がまとまり、22日に周辺外構を含めた実物1000分の1の模型と完成予想図が報道機関に公開された。模型を制作したのは設計・施工を手掛ける大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JV。
 競技場整備の事業主体である日本スポーツ振興センター(JSC)は22日に記者会見を開き、出席した建築家の隈研吾氏は「世界の上をいくユニバーサルデザインを取り入れた施設になるよう実施設計も進めたい」と話した。=4面に詳しく

新国立競技場/基本設計まとまる/スポーツ振興センター、模型と完成予想図を公開

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

    大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  3. レッドブル・エアレースで“CHIBA”の都市ブランディングは成功したか?

    レッドブル・エアレースで“CHIBA”の都市ブランディングは成功したか?

  4. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  8. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  9. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top