世界の上をいくユニバーサルデザイン!新国立競技場の基本設計まとまる 画像 世界の上をいくユニバーサルデザイン!新国立競技場の基本設計まとまる

インバウンド・地域活性

 2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の基本設計がまとまり、22日に周辺外構を含めた実物1000分の1の模型と完成予想図が報道機関に公開された。模型を制作したのは設計・施工を手掛ける大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JV。
 競技場整備の事業主体である日本スポーツ振興センター(JSC)は22日に記者会見を開き、出席した建築家の隈研吾氏は「世界の上をいくユニバーサルデザインを取り入れた施設になるよう実施設計も進めたい」と話した。=4面に詳しく

新国立競技場/基本設計まとまる/スポーツ振興センター、模型と完成予想図を公開

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  2. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  3. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  6. 自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

  7. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  8. 【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

  9. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  10. 青森に1本だけ残っていた幻のリンゴ「カルヴィル・ブラン」、菓子用でブレイク!

アクセスランキングをもっと見る

page top