新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは? 画像 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

制度・ビジネスチャンス

 「霞が関」は人事の季節。財務省や経済産業省など主要官庁は17日付で発令された。アイドルグループ「嵐」の櫻井翔さんの父、桜井俊総務事務次官が退任。さっそく次期東京都知事候補で名前があがるなど、新旧幹部に関心が集まっている。総務省で全府省庁初となる女性の官房長が誕生するなど、審議官級以上の女性幹部は前年の28人から31人に増加。局長級以上の女性は12人になった。幹部職全体に占める女性の割合は前年の4・3%から4・7%に上昇したが、まだ5%未満で「男社会」に変わりはない。良くも悪くもニッポンを動かしていく顔ぶれを紹介する。

財務省
 財務省は田中一穂事務次官(60)が退任し、後任に佐藤慎一主税局長(59)が昇格する。主税局長からの次官昇格は1981年以来35年ぶり。17年度に予定した消費増税延期が決まったことで、社会保障財源を確保する必要があるほか、参院選後の臨時国会では経済対策を盛り込んだ16年度第2次補正予算案の提出を控えるなど経済財政運営上の課題が山積する。

 経済成長と財政健全化の両立にいかに道筋をつけるかが焦点だ。なお浅川雅嗣財務官(58)は留任する。円高進行が懸念される中、引き続き為替相場の安定化など国際金融部門を担う。

<主な幹部の略歴>
◆事務次官
佐藤 慎一氏(さとう・しんいち)80年(昭55)東大経卒、同年大蔵省(現財務省)入省。02年主計局主計官、09年官房審議官、13年官房長、14年主税局長。大阪府出身。
◆主税局長
星野 次彦氏(ほしの・つぐひこ)83年(昭58)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。03年主計局調査課長、06年主税局調査課長、11年官房審議官、15年国税庁次長。愛知県出身、56歳。
◆関税局長
梶川 幹夫氏(かじかわ・みきお)82年(昭57)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。07年関税局関税課長、12年官房参事官、13年国際局次長、14年国際通貨基金(IMF)理事。愛知県出身、57歳。
◆理財局長
佐川 宣寿氏(さがわ・のぶひさ)82年(昭57)東大経卒、同年大蔵省(現財務省)入省。10年官房審議官、13年大阪国税局長、14年国税庁次長、15年関税局長。福島県出身、58歳。
◆国際局長
武内 良樹氏(たけうち・よしき)83年(昭58)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。07年国際局為替市場課長、12年官房審議官、14年国際局次長、15年近畿財務局長。東京都出身、56歳。
◆会計センター所長兼財務総合政策研究所長
根本 洋一氏(ねもと・よういち)82年(昭57)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。08年国際局総務課長、09年官房審議官、10年官房参事官、12年ASEAN+3マクロ経済リサーチ・オフィス事務局長。神奈川県出身、57歳。
◆国税庁長官
迫田 英典氏(さこた・ひでのり)82年(昭57)東大法卒、同年大蔵省(現財務省)入省。04年主計局主計官、10年主計局次長、14年官房総括審議官、15年理財局長。山口県出身、56歳。

内閣府
 内閣府は松山健士事務次官(63)が退任し、後任に西川正郎内閣府審議官(58)を充てる。次官級の内閣府審議官には、武川光夫政策統括官(58、共生社会政策担当)、羽深成樹政策統括官(58、経済社会システム担当)が昇格する。経済社会総合研究所所長には前川守政策統括官(58、経済財政運営担当)が就く。

<主な幹部の略歴>
◆事務次官
西川 正郎氏(にしかわ・まさお)東大経卒。80年経済企画庁(現内閣府)に入り、内閣府政策統括官(経済社会システム担当)、経済社会総合研究所長を経て15年内閣府審議官。東京都出身。
◆内閣府審議官
武川 光夫氏(たけがわ・みつお)東大法卒。81年総理府(現内閣府)に入り、内閣府賞勲局長を経て13年政策統括官(共生社会政策担当)。兵庫県出身。
◆羽深 成樹氏(はぶか・しげき)東大法卒。81年大蔵省(現財務省)に入り、首相秘書官、財務省主計局次長などを経て14年内閣府政策統括官(経済社会システム担当)。千葉県出身。
◆経済社会総合研究所所長
前川 守氏(まえかわ・まもる)東大文卒。82年経企庁に入り、内閣府大臣官房審議官などを経て14年政策統括官(経済財政運営担当)。島根県出身。
◆政策統括官=経済財政運営担当
新原 浩朗氏(にいはら・ひろあき)東大経卒。84年通商産業省(現経済産業省)に入り、首相秘書官、経産省大臣官房審議官などを経て14年内閣府大臣官房審議官。福岡県出身、56歳。
◆政策統括官=科学技術・イノベーション担当
山脇 良雄氏(やまわき・よしお)東大院修了。84年科学技術庁(現文部科学省)に入り、文科省大臣官房審議官を経て14年国際統括官。兵庫県出身、56歳。
◆知的財産戦略推進事務局長
井内 摂男氏(いうち・せつお)東大法卒。83年通産省に入り、経産省中部経済産業局長を経て15年地域経済産業審議官。兵庫県出身、56歳。

経産省
 経済産業省は、“ナンバー2”ポストの経済産業審議官に片瀬裕文通商政策局長(昭57年入省、57歳=以下同じ)を充てる。嶋田隆官房長(昭57、56)が後任の通政局長に就くほか、中小企業庁長官には宮本聡次長(同59、54)が昇格する。一方、官房長には、資源エネルギー庁の高橋泰三次長(昭60、53)を抜てき。将来の事務次官候補に浮上した。

 幹部人事について林幹雄経産相は「成長戦略の一層の具体化、福島復興の加速、エネルギー政策の着実な推進などの重要課題に継続性を持って、着実に取り組むために、菅原郁郎事務次官、日下部聡エネルギー庁長官など多くの幹部を留任させる」と述べた。小幅な体制変更にとどまる中、嶋田官房長の人事がポイント。嶋田氏と片瀬氏は同期入省で“異例”に映るが、環太平洋連携協定(TPP)など通商政策に力を入れる姿勢を鮮明にした。

 林経産相は「経済発展のためには通商政策を強力に進めることが重要。年次にとらわれず適材適所の人事」と説明しており、通政局長を経験した後、事務次官になる可能性もある。官房長に就く高橋氏は製造産業局製造産業機械課長や“出世ポスト”といわれる官房秘書課長を歴任。原子力政策にも精通する昭和60年入省組の“エース”的存在。今後は柳瀬唯夫経済産業政策局長らと経産省の中核を担う。

 また、農林水産省との局長級の人事交流を実施。井上宏司産業技術環境局長(昭59、55)が農水省の食料産業局長に就き、代わって農水省の末松広行農村振興局長(昭58、57)が産業技術環境局長となる。外局では特許庁長官に小宮義則内閣府宇宙開発戦略推進事務局長(昭59、55)が就任。

<主な幹部の略歴>
◆経済産業審議官
片瀬 裕文氏(かたせ・ひろふみ)82年(昭57)東大法卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。09年官房審議官、13年産業技術環境局長、15年通商政策局長。富山県出身。
◆官房長
高橋 泰三氏(たかはし・たいぞう)85年(昭60)東大法卒、同年通商産業省入省。05年製造産業局産業機械課長、13年資源エネルギー庁電力・ガス事業部長、14年資源エネルギー庁次長。東京都出身。
◆地域経済産業審議官
鍜治 克彦氏(かじ・かつひこ)85年(昭60)東大法卒、同年通商産業省入省。05年官房参事官、11年中小企業庁長官官房参事官、15年関東経済産業局長。神奈川県出身、55歳。
◆通商政策局長
嶋田 隆氏(しまだ・たかし)82年(昭57)東大工卒、同年通商産業省入省。08年官房政策評価審議官、12年原子力損害賠償支援機構連絡調整室長、15年官房長。東京都出身。
◆産業技術環境局長
末松 広行氏(すえまつ・ひろゆき)83年(昭58)東大法卒、同年農林水産省入省。10年林野庁林政部長、14年関東農政局長、15年農村振興局長。埼玉県出身。
◆特許庁長官
小宮 義則氏(こみや・よしのり)84年(昭59)東大経卒、同年通商産業省入省。06年経済産業政策局産業資金課長、11年官房審議官、16年内閣府宇宙開発戦略推進事務局長。埼玉県出身。
◆中小企業庁長官
宮本 聡氏(みやもと・さとし)84年(昭59)東大法卒、同年通商産業省入省。12年官房審議官、13年日本貿易振興機構副理事長、15年中小企業庁次長。東京都出身。

<次のページ、総務省・国土交通省・文部科学省・農林水産省>


総務省
 総務省は桜井俊総務事務次官(62)が退任し、後任に佐藤文俊総務審議官(59)を充てる。

<主な幹部の略歴>
◆事務次官
佐藤 文俊氏(さとう・ふみとし)79年(昭54)東大法卒、同年自治省(現総務省)入省。12年自治財政局長、15年総務審議官(自治行政)。福島県出身。
◆総務審議官(郵政・通信)
福岡 徹氏(ふくおか・とおる)80年(昭55)東大法卒、同年郵政省(現総務省)入省。15年総合通信基盤局長。京都府出身、60歳。
◆総務審議官(国際)
鈴木 茂樹氏(すずき・しげき)81年(昭56)東大農卒、同年郵政省(現総務省)入省。15年内閣官房内閣審議官。神奈川県出身、60歳。
◆官房長
山田 真貴子氏(やまだ・まきこ)84年(昭59)早大法卒、同年郵政省(現総務省)入省。15年情報通信国際戦略局長。東京都出身、55歳。
◆情報通信国際戦略局長
谷脇 康彦氏(たにわき・やすひこ)84年(昭59)一橋大経卒、同年郵政省(現総務省)入省。13年内閣官房内閣審議官。愛媛県出身、55歳。
◆情報流通行政局長
南 俊行氏(みなみ・としゆき)82年(昭57)東大法卒、同年郵政省(現総務省)入省。14年政策統括官。兵庫県出身、58歳。
◆総合通信基盤局長
富永 昌彦氏(とみなが・まさひこ)82年(昭57)東大院工修了、同年郵政省(現総務省)入省。15年官房総括審議官。奈良県出身、59歳。

国土交通省
 国土交通省は徳山日出男次官(59)が退任し、後任に武藤浩国土交通審議官(60)が昇格する。発令は21日付。技監には森昌文道路局長(57)を充てる。新体制では、省を挙げて進めている生産性革命プロジェクトを加速。少子高齢化による労働者の減少を上回る生産性向上を実現し、経済成長につなげる。

<主な幹部の略歴>
◆事務次官
武藤 浩氏(むとう・ひろし)79年(昭54)京大法卒、同年運輸省(現国土交通省)入省。13年官房長、14年国土交通審議官。愛知県出身。

◆技監
森 昌文氏(もり・まさふみ)81年(昭56)東大工卒、同年建設省(現国土交通省)入省。14年近畿地方整備局長、15年道路局長。奈良県出身。

◆国土交通審議官
田端 浩氏(たばた・ひろし)81年(昭56)東大法卒、同年運輸省(現国土交通省)入省。13年自動車局長、15年官房長。愛知県出身、59歳。

◆国土交通審議官
毛利 信二氏(もうり・しんじ)81年(昭56)東大法卒、同年建設省(現国土交通省)入省。14年土地・建設産業局長を経て、15年総合政策局長。島根県出身、59歳。

◆国土交通審議官
花岡 洋文氏(はなおか・ひろふみ)80年(昭55)東大法卒、同年建設省(国土交通省)入省。13年官房総括審議官、同年国土政策局長、14年都市再生機構副理事長。岡山県出身、58歳。発令は7月15日付。

◆官房長
吉田 光市氏(よしだ・こういち)82年(昭57)東大経卒、同年建設省(現国土交通省)入省。13年官房建設流通政策審議官、15年復興庁統括官。山形県出身、57歳。

文部科学省
 文部科学省は土屋定之事務次官(63)が退任し、後任に前川喜平文部科学審議官(61)が昇格する。発令は21日付。前川文部科学審議官の後任には、小松親次郎初等中等教育局長(59)を充てる。文教系出身の前川氏のもと、課題である教育再生を推進する。

<主な幹部の略歴>
◆事務次官
前川 喜平氏(まえかわ・きへい)79年(昭54)東大法卒、同年文部省(現文部科学省)入省。07年官房審議官、10年官房総括審議官、12年官房長、13年初等中等教育局長、14年文部科学審議官。奈良県出身。

◆文部科学審議官
小松 親次郎氏(こまつ・しんじろう)81年(昭56)早大政経卒、同年文部省(現文部科学省)入省。09年官房審議官、11年高等教育局私学部長、14年研究振興局長、同年初等中等教育局長。東京都出身。

◆官房長
佐野 太氏(さの・ふとし)85年(昭60)早大院理工修士修了、同年科学技術庁(現文部科学省)入庁。14年官房審議官、16年官房総括審議官。山梨県出身、56歳。

◆初等中等教育局長
藤原 誠氏(ふじわら・まこと)82年(昭57)東大法卒、同年文部省(現文部科学省)入省。10年官房審議官、11年日本スポーツ振興センター理事、13年官房審議官、14年高等教育局私学部長、15年官房長。東京都出身、58歳。

◆官房総括審議官
関 靖直氏(せき・やすなお)83年(昭58)東大法卒、同年文部省(現文部科学省)入省。12年官房審議官、13年官房文教施設企画部長、15年官房政策評価審議官、16年官房サイバーセキュリティ・政策評価審議官。北海道出身、55歳。

農水省
 農林水産省は、本川一義事務次官(61)が退任し、後任に奥原正明経営局長(60)を充てる。消費・安全局の小風茂局長(59)と食料産業局の櫻場英悦局長(60)の2人も退任し、後任局長には今城健晴生産局長(56)と経済産業省の井上宏司産業技術環境局長(55)がそれぞれ就任。農村振興局の末松広行局長(57)は経済産業省の産業技術環境局長に就任する。経産省との幹部クラスの人事交流は今回が初めてとなる。

<主な幹部の略歴>
◆事務次官
奥原 正明氏(おくはら・まさあき)79年(昭54)東大法卒、同年農水省入省。10年消費・安全局長、11年経営局長。長野県出身。
◆消費・安全局長
今城 健晴氏(いましろ・たけはる)83年(昭58)東大法卒、同年農水省入省。14年総括審議官(国際)、15年生産局長。香川県出身。
◆食料産業局長
井上 宏司氏(いのうえ・こうじ)84年(昭59)東大法卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。11年経産省官房政策評価審議官、12年資源エネルギー庁次長、14年官房地域経済産業審議官、15年産業技術環境局長。大分県出身。
◆生産局長
枝元 真徹氏(えだもと・まさあき)84年(昭59)東大法卒、同年農水省入省。15年内閣官房内閣審議官。鹿児島県出身、55歳。
◆経営局長
大澤 誠氏(おおさわ・まこと)84年(昭59)東大法卒、同年農水省入省。13年参事官、15年総括審議官(国際)。東京都出身、55歳。
◆農村振興局長
佐藤 速水氏(さとう・はやみ)84年(昭59)東大法卒、同年農水省入省。15年総括審議官。東京都出身、55歳。

<次のページ、外務省・厚生労働省・防衛省・環境省・復興庁>


外務省
 外務省は齋木昭隆外務事務次官(63)が退任し、杉山晋輔外務審議官(63)が昇格する人事を14日付で発令した。杉山氏の後任には、秋葉剛男総合外交政策局長(57)を充てた。杉山氏の下で、日米関係を基軸にしながら、中国やロシアなどとの近隣外交を友好的に進める課題を担うことになる。

<主な幹部の略歴>
◆事務次官
杉山 晋輔氏(すぎやま・しんすけ)77年(昭52)早大法中退、同年外務省入省。07年官房審議官、11年アジア大洋州局長、13年外務審議官(政務)。愛知県出身。
◆外務審議官
秋葉 剛男氏(あきば・たけお)82年(昭57)東大法卒、同年外務省入省。12年官房審議官、14年国際法局長、15年総合外交政策局長。神奈川県出身。
◆外務審議官
片上 慶一氏(かたかみ・けいいち)79年(昭54)東大法卒、80年外務省入省。08年駐ガーナ大使、11年経済外交担当大使、12年経済局長、14年欧州連合日本政府代表部大使。東京都出身、62歳。
◆総合外交政策局長
石兼 公博氏(いしかね・きみひろ)81年(昭56)東大法卒、同年外務省入省。14年国際協力局長、15年アジア大洋州局長。山口県出身、58歳。
◆アジア大洋州局長
金杉 憲治氏(かなすぎ・けんじ)83年(昭58)一橋大法卒、同年外務省入省。11年首相秘書官、14年駐韓国公使、15年経済局長。東京都出身、56歳。

厚生労働省
 厚生労働省は、老健局長に就任する蒲原基道官房長(56)の後任に樽見英樹官房審議官(56)を昇格させる。発令は21日付け。退任する石井淳子社会・援護局長(58)の後任には定塚由美子内閣官房内閣審議官(54)を充てた。二川一男事務次官(59)は留任する。

<主な幹部の略歴>
◆官房長
樽見 英樹氏(たるみ・ひでき)83年(昭58)東大法卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。13年官房年金管理審議官、15年官房審議官(健康、生活衛生担当)。千葉県出身。
◆医薬・生活衛生局長
武田 俊彦氏(たけだ・としひこ)83年(昭58)東大法卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。14年官房審議官(医療保険担当)、15年政策統括官(社会保障担当)。岩手県出身、56歳。
◆職業能力開発局長
宮野 甚一氏(みやの・じんいち)82年(昭57)早大政経卒、同年労働省(現厚生労働省)入省。13年職業安定局次長、14年官房総括審議官(国会担当)。千葉県出身、57歳。
◆雇用均等・児童家庭局長
吉田 学氏(よしだ・まなぶ)84年(昭59)京大法卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。13年内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)、14年厚生労働省官房審議官(医療介護連携担当)。愛知県出身、54歳。
◆社会・援護局長
定塚 由美子氏(じょうづか・ゆみこ)84年(昭59)東大法卒、同年労働省入省。12年雇用均等・児童家庭局総務課長、14年内閣官房内閣審議官(内閣人事局)。埼玉県出身。
◆老健局長
蒲原 基道氏(かもはら・もとみち)82年(昭57)東大法卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。13年社会・援護局障害保健福祉部長、14年官房長。佐賀県出身。
◆保険局長
鈴木 康裕氏(すずき・やすひろ)84年(昭59)慶大医卒、同年厚生省(現厚生労働省)入省。12年防衛省官房衛生監、14年厚生労働省官房技術総括審議官。神奈川県出身、56歳。

防衛省
 防衛省は防衛審議官に真部朗整備計画局長(58)が昇格するなどの幹部人事を決めた。高橋憲一統合幕僚監部総括官(58)が後任の整備計画局長に就くほか、人事教育局長には鈴木良之防衛研究所長(57)が就任する。発令は7月1日付。

<主な幹部の略歴>
◆防衛審議官
真部 朗氏(まなべ・ろう)82年(昭57)東大法卒、同年防衛庁(現防衛省)入庁。07年官房米軍再編調整官兼官房報道官、08年沖縄防衛局長、14年人事教育局長。富山県出身。
◆整備計画局長
高橋 憲一氏(たかはし・けんいち)83年(昭58)早大法卒、同年防衛庁(現防衛省)入庁。09年官房審議官、11年内閣府国際平和協力本部事務局次長。東京都出身。
◆人事教育局長
鈴木 良之氏(すずき・よしゆき)82年(昭57)中央大法卒、同年防衛庁(現防衛省)入庁。08年官房審議官兼情報本部副本部長、12年地方協力局次長。東京都出身。
◆地方協力局長
深山 延暁氏(みやま・のぶあき)83年(昭58)東大経卒、同年防衛庁(現防衛省)入庁。02年防衛局計画課長、11年官房審議官、15年人事教育局長。千葉県出身、57歳。

環境省
環境省は関荘一郎事務次官(60)が勇退し、後任に小林正明地球環境審議官(61)を充てる。地球環境審議官には梶原成元地球環境局長(60)が昇格する。

◆事務次官
小林 正明氏(こばやし・まさあき)79年(昭54)東大法卒、同年環境庁(現環境省)入庁。12年環境省水・大気環境局長、14年総合環境政策局長、15年地球環境審議官。長野県出身。
◆地球環境審議官
梶原 成元氏(かじはら・しげもと)79年(昭54)東大工卒、同年環境庁(現環境省)入庁。12年環境省官房廃棄物・リサイクル対策部長、14年地球環境局長。富山県出身。
◆総合環境政策局長
奥主 喜美氏(おくぬし・よしみ)82年(昭57)東北大法卒、同年環境庁(現環境省)入庁。12年環境省官房審議官、15年自然環境局長。千葉県出身、56歳。
◆地球環境局長
鎌形 浩史氏(かまがた・ひろし)84年(昭59)東大経卒、同年環境庁(現環境省)入庁。12年環境省官房審議官、14年官房廃棄物・リサイクル対策部長。東京都出身、56歳。
◆自然環境局長
亀澤 玲治氏(かめざわ・れいじ)82年(昭57)東大農卒、同年農林水産省入省。14年環境省九州地方環境事務所長、15年官房審議官。鹿児島県出身、57歳。

復興庁
 復興庁は岡本全勝事務次官(61)が退任し、国土交通省の西脇隆俊国土交通審議官(60)を後任に充てる。発令は21日付。統括官に就く小糸正樹海外需要開拓支援機構専務執行役員(54)の発令は28日付。

<主な幹部の略歴>
◆事務次官
西脇 隆俊氏(にしわき・たかとし)79年(昭54)東大法卒、同年建設省(現国土交通省)入省。14年官房長、15年国土交通審議官。京都府出身。
◆統括官
関 博之氏(せき・ひろゆき)81年(昭56)東大法卒、同年自治省(現総務省)入省。13年官房地域力創造審議官、14年内閣府政策統括官(沖縄政策担当)。長野県出身、58歳。
◆統括官
小糸 正樹氏(こいと・まさき)85年(昭60)東大法卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。12年特許庁総務部長、13年海外需要開拓支援機構専務執行役員。神奈川県出身。

新しい「霞が関の顔」官僚人事でサプライズは?

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

    知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

  2. これ以上の時間の浪費は許されない/JR北海道再生推進会議が「最後通牒」的声明

    これ以上の時間の浪費は許されない/JR北海道再生推進会議が「最後通牒」的声明

  3. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

    誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  4. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

  5. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  6. 全農の契約栽培ミニトマト「アンジェレ」拡大/機内食や飲食店へ

  7. 改正港湾法が施行、洋上風力発電に追い風!

  8. 国交省・伊藤明子住宅局長が就任会見/急増する空き家などストック対策重視

  9. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  10. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.2

アクセスランキングをもっと見る

page top