参院選特番でAI活用。ビッグデータ分析で若者の動向調査 画像 参院選特番でAI活用。ビッグデータ分析で若者の動向調査

IT業務効率

 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE、東京都新宿区)は、参議院議員選挙の開票結果を伝える選挙特番向けに、人工知能(AI)を活用したビッグデータ(大量データ)分析サービスを提供する。若者の利用が多い「ツイッター」などの情報源に対し、AIを使ってリアルタイムに分析。結果を選挙特番に反映させ、若者の選挙に対する意識や傾向を高精度に読み解く。

 サービスを導入するのは、10日19時58分からフジテレビのニュース専門チャンネルで生放送される参院選特番「みんなの選挙2016×ホウドウキョク」。TDSEが取り扱う米ネットベースのAI型ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)分析サービス「ネットベース」を提供する。

 今回の参院選は選挙権年齢が「18歳以上」に拡大。18、19歳の若者約240万人が有権者に加わる。同サービスを活用し、若い有権者の動向をAIで読み解く。

 特番ではソーシャルメディアで発信した情報が政党の支持や投票、得票数にどう影響するかを検証する。ネットユーザーの意識や世代間ギャップもリアルタイムに解析し、傾向を直感的に示す。こうした放送内容に同サービスを活用する。

 ネットベースは高度な自然言語処理技術により、ソーシャルメディア上での製品・サービスを高精度に分析できる。ツイッターのほか、「フェイスブック」や「Amebaブログ」、「2ちゃんねる」などのSNSを分析できる。また楽天やアマゾン、ヤフー、カカクドットコムなどの電子商取引(EC)サイトレビューも解析可能だ。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. 熊本と台湾の小学校「ICTつながる学校」で国際交流、共同事業スタート

    熊本と台湾の小学校「ICTつながる学校」で国際交流、共同事業スタート

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  5. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  6. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  7. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  8. 東日本高速会社が外環道・田尻工事でシールド機発進、外径13m超

  9. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  10. VRによるショッピングの未来、VRコマース

アクセスランキングをもっと見る

page top