【Sakeの海外戦略:2】酒蔵ツアーに見る海外ニーズ 画像 【Sakeの海外戦略:2】酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼20~50代の欧米カップル客に好評で8割が購入
▼伝統的な雰囲気と探検のような楽しみを兼ね備える
▼訪日客の期待に応えるため高価格の商品が必要


■酒蔵ツアーの成立エリアは都心から片道2時間まで

 海外に進出する日本酒を、国内から、しかも訪日客の視点から見たら、どう見えるのか。訪日客向け日本酒の酒蔵ツアー会社「アンカーマン」を起業した和田直人社長はこう語る。

「たとえば彼ら向けに、1本100万円の日本酒があってもいいと思うんです」

 証券マンから転身し、若干25歳で起業。2年間でこれまで提携する首都圏近郊の10蔵に約1500人の訪日客を案内してきた。インバウンドが急増のこの貴重な2年間で得た経験からみると、訪日客向けの日本酒は安すぎるのだという。では、耳にするようになった酒蔵ツアーとはどういうものなのか。

 アンカーマンが行うツアー内容はこうだ。酒蔵の最寄駅で訪日客と待ち合わせ。徒歩で酒蔵まで移動し、約1時間半から2時間半かけて、蔵元からの日本酒造りの解説、利き酒、販売までを体験する。

 利用者は個人客が中心だが、会議で訪日中のビジネス客30~50人といった団体客からの依頼があったこともあるという。起業当初、ホテルのコンシェルジェに売り込みをかけ、コンシェルジュからの紹介やホテルに置かれたチラシを見て参加者が集まるようになった。現在は、平均して週に2、3日、各回5~10人の訪日客を、和田氏やスタッフが通訳兼ツアーガイドとして提携する蔵に引率する。

 酒蔵からは紹介料やマージンは取らず、客からのツアー料1人150ドルが収益だ。ツアー先の蔵は現在、「箱根山」で知られる神奈川県の井上酒造、300年続く千葉県「甲子正宗」の飯沼本家、そして数少ない東京の地酒「金婚」の豊島屋酒造など、東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県にある10社。蔵元の都合や人数と蔵との相性もあるため、ツアー先を客が指定することはできない。

 自社のメディア露出が増えるにつれ、酒蔵からの売り込みも増えてきた。その中でも、和田氏が蔵を選ぶルールが3つあるという。それは「アクセスが良いこと、酒の質が高いこと、伝統的な雰囲気が残っているかどうかということ」

 アクセスに関しては、最寄り駅集合のためだ。「遠いと、それだけでハードルになる。(客にとって)片道2時間が限度」。それでも、少なくない時間を割いて、異国の地で公共交通機関を活用し、自力で最寄り駅まで来るタフで好奇心旺盛なツアー参加者たちが確かにいる。

 そうした参加者に異国情緒を味わってもらうためには、「日本の伝統的な雰囲気が必要」だ。探検ともいえる酒蔵ツアー最後のご褒美、SAKEを心から美味しいと思ってもらうために、大の日本酒好きという和田氏が実際に味を確かめ、蔵を選んできたという。

《塩月由香/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 【着地型観光:4】アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  7. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  8. 死傷事件の津久井やまゆり園、全面建替で再生のシンボルに

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】鎌倉生まれの和服の未来、作務衣ブランド「鎌倉三衣」の世界挑戦

  10. 「コメの文化」と我が国のバス事業

アクセスランキングをもっと見る

page top