国交省のNETIS、新技術活用進行中! 画像 国交省のNETIS、新技術活用進行中!

IT業務効率

 国土交通省の直轄工事で「公共工事等における新技術活用システム(NETIS)」に登録された新技術の活用が進んでいる。新技術を1件以上導入した工事は15年度に発注した工事全体の44・5%と04年度の統計開始から2番目の高水準(14年度45・8%)となり、3年連続で40%を超えた。活用された技術は延べ1万5388件に上った。発注者指定による新技術の活用が2年連続で増えており、受・発注者とも積極的に新技術を活用する傾向が見られる。
 15年度に発注した直轄工事は合計1万0469件。うち新技術を活用した工事は4661件だった。活用した工事の割合は前年度と比べて1・3ポイント減少したものの、40%台の高水準を維持。10年前の05年度(19・5%)と比べると倍以上に高まっている。
 1工事当たりの活用新技術数は1・47件(14年度は1・50件)。活用実績のある工事では複数の新技術が導入される傾向が見られ、平均で3・30件と過去最高になった。
 新技術の活用方法のうち、総合評価方式の入札や契約締結後に施工者が技術提案する「施工者希望型」が圧倒的に多く、全体に占める割合は91・1%(1万4021件)。施工者希望型の割合が高いのは、総合評価方式の入札や工事成績評定での加点措置があるためとみられる。
 地方整備局が難工事などでNETIS申請者を対象に技術提案を募る「フィールド提供型」を含む「発注者指定型」の割合は、13年度が8・3%(1482件)、14年度が8・4%(1509件)、15年度が8・9%(1367件)と2年連続で増加した。発注者指定型では建設技術審査証明を取得している技術を活用する傾向が見られた。
 15年度に最も活用件数が多かった新技術は、ユニット型仮設昇降階段の「ラク2タラップ」。活用上位20位までの新技術のうち、震災復旧・復興工事向け技術(震災NETIS)が12件に上った。20位の技術のうち有用な技術(推奨技術など)が55%を占めた。
 活用件数が最多だった工種はコンクリート工で全体の20%を占め、次いで仮設工(19%)、土工(10%)、共通工(同)、道路維持修繕工(9%)の順となった。

国交省/NETIS登録技術、3年連続40%超/発注者指定型が増加

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

    【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  3. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

    ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  4. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  5. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  6. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  7. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  8. 全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

  9. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  10. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top