「夏越(なごし)ごはん」が人気!夏の新たな季節食! 画像 「夏越(なごし)ごはん」が人気!夏の新たな季節食!

制度・ビジネスチャンス

 外食・中食業界で、夏の新たな季節食として「夏越(なごし)ごはん」を販売する動きが広がってきた。雑穀入りのご飯に夏野菜のかき揚げを載せた丼で、米穀機構が米の消費拡大を狙い、昨年から提案を進めてきた。今年は東京都内を中心に74の飲食店と大手スーパーが、メニューや総菜に取り入れている。
 プレナス(福岡市)が運営する和食レストラン「やよい軒」は今年6月から、都内の5店で提供を始めた。十六穀米にニガウリ(ゴーヤー)入りの野菜かきげ揚げを載せ、おろしダイコンとショウガを入れて、夏らしくさっぱりした味わいに仕上げた。14日から販売し、「売れ行きは好調」という。

 スーパーも、暑さで鈍りがちな総菜販売のてこ入れ策として、この丼に注目する。西友(東京都北区)は20日から、関東150店舗で売り出す弁当に採用した。雑穀ご飯の上にソラマメのかき揚げを盛り付ける。「夏野菜の彩りで見た目にも食欲を刺激したい」と売り込む。

 米穀機構が提案する「夏越ごはん」は、年後半の無病息災を祈る30日の行事「夏越の祓(はらえ)」に合わせた新たな行事食。

 30日には、赤坂氷川神社(東京都港区)で参拝者300人に試食イベントを開く。

「夏越ごはん」 販売広がる 新たな季節食

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  2. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  3. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

    国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  4. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  5. お金をかけなければ、知恵が生まれる

  6. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  7. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  8. ■ニュース深堀り!■融資で不足な資金を調達する活性化ファンド

  9. 人気も価格も安定の銘柄豚、スーパーのファン拡大へ

  10. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

アクセスランキングをもっと見る

page top