~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今 画像 ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼国が認める農泊のインバウンドポテンシャル
▼普通の農家が宿泊業者になれる「農林漁業体験民宿」


■欧米で先行するグリーンツーリズム需要を取りこむ

 観光先進国に向けての取り組みとして、政府が16年3月に発表した「明日の日本を支える観光ビジョン」。その施策集の一つに「滞在型農山漁村の確立・形成」がある。目的は訪日旅行者に日本の自然を体験してもらうため、農泊を推進することだ。

 そこには対策としていくつかの具体例が挙げられている。例えば、「ディスカバー農山漁村の宝」として毎年20地域を認定するほか、「食と農の景勝地」としての認定も16年にスタート。「食と農の景勝地」と連携して、20年までには全国に50地域の農泊を創出するという。

 地方におけるインバウンド誘致の方向性の一つとして、今後農泊が推進されていくことは間違いないだろう。農山漁村に宿泊して、そこでの暮らしそのものを楽しむ。欧米などではグリーンツーリズムやアグリツーリズムという形で、農業体験を目的とした旅行が親しまれているため、コンテンツとしてインバウンドへの訴求が期待できる。

 では、農泊とは一体どうすればビジネスとして成立するのだろう?

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

    沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  3. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

    20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  4. さいたま市で自転車用ロッカー設置、自転車によるまちづくりの一環として

  5. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…なぜトランスミッションを内製するのか

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  8. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  9. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  10. 八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

アクセスランキングをもっと見る

page top