~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今 画像 ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼国が認める農泊のインバウンドポテンシャル
▼普通の農家が宿泊業者になれる「農林漁業体験民宿」


■欧米で先行するグリーンツーリズム需要を取りこむ

 観光先進国に向けての取り組みとして、政府が16年3月に発表した「明日の日本を支える観光ビジョン」。その施策集の一つに「滞在型農山漁村の確立・形成」がある。目的は訪日旅行者に日本の自然を体験してもらうため、農泊を推進することだ。

 そこには対策としていくつかの具体例が挙げられている。例えば、「ディスカバー農山漁村の宝」として毎年20地域を認定するほか、「食と農の景勝地」としての認定も16年にスタート。「食と農の景勝地」と連携して、20年までには全国に50地域の農泊を創出するという。

 地方におけるインバウンド誘致の方向性の一つとして、今後農泊が推進されていくことは間違いないだろう。農山漁村に宿泊して、そこでの暮らしそのものを楽しむ。欧米などではグリーンツーリズムやアグリツーリズムという形で、農業体験を目的とした旅行が親しまれているため、コンテンツとしてインバウンドへの訴求が期待できる。

 では、農泊とは一体どうすればビジネスとして成立するのだろう?

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 首都高速3号線/池尻~三軒茶屋間を大規模更新、地下構造物補強へ

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

  7. 寿司に合う日本酒、愛知の酒造が発売…日本酒ブームの海外へ展開

  8. 新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ

  9. 板橋駅前用地一体開発事業/共同住宅のほか、商業施設や公益施設「インターフォーラム」も

  10. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

アクセスランキングをもっと見る

page top