~今月のレコメンデーション~7月に利用したい補助事業! 画像 ~今月のレコメンデーション~7月に利用したい補助事業!

制度・ビジネスチャンス

【今月のおすすすめ、ベスト3!】
▼下請事業者の新分野進出、上限500万円
▼「大阪製」ブランドの認定(大阪府)
▼クリエイターを利用した商品・サービス開発、上限50万円(富山県)

■親企業の倒産に苦しむ下請支援

 三菱自動車工業の燃費偽装問題、および日産自動車による買収。この顛末によって大きな経済的打撃を受けたのが、その下請けに位置する中小企業だ。6月21日には帝国データバンクが、岡山県にある自動車部品加工企業「安藤工業所」の倒産を発表。そのきっかけになったのが、同社が溶接加工を手掛けていた三菱自動車工業の軽自動車の生産停止だったという。

 このような親事業者の閉鎖や縮小によって、売上に苦しむ下請け企業が使える補助金がある。各地の経済産業局が募集している「下請中小企業自立化基盤構築事業」。その2次公募が、関東経済産業局で7月20日まで行われている。補助対象となる事業は「新分野への進出等による取引先の多様化」。設備導入や展示会出展などの費用に補助が利用できる。

 その他、7月に申請できるものでは、大阪府が府内の中小企業の優れたものづくりを支援する、「大阪製」ブランドの認証製品を募集。富山県では県内のクリエイターを使った中小企業の商品開発に対して助成金を出している。ものづくりに何らかのアクセントを求めている企業は、これらの支援事業を活用してみてはいかがだろう?


【今後注目の補助事業】

「平成28年度下請中小企業・小規模事業者自立化支援対策費補助金」
■URL
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/chusho/28fy_shitauke_shinbunya_2ji_koubo.html
■募集締め切り:7月20日
■補助対象者
下請中小企業振興法による下請事業者又はその共同体。閉鎖もしくは生産規模縮小をした、もしくはする予定の事業者との下請取引の関係にあり、年間売上が前年比マイナス10%の見込みであること。新分野の事業に関わる売上高、有形固定資産、従業員数のいずれかが全体のおおむね10%以上であること。

■助成対象事業
新分野への進出などによる取引先の多様化のための設備導入、展示会出展など。

■助成金額
助成率は2/3以内、上限は500万円。


「平成28年度「大阪製」ブランド認証製品募集」
■URL
http://www.mydome.jp/topics/detail/655
■募集締め切り:9月16日
■対象商品
食品をのぞく一般消費者向けの最終商品。応募企業が企画を担当し、製造拠点が大阪府にあること。応募時点で販売可能で、他の特許や意匠などを侵害していないこと。

■対象企業
大阪府に本社と製造拠点を持つ企業、または同企業で構成される団体。府税の徴収金、直近1事業年度の消費税及び地方消費税を完納しており、大阪府が実施するプロモーション活動に積極的に参加できること。


「クリエイター活用助成金」
■URL
http://www.tonio.or.jp/josei/creative/
■募集締め切り:8月1日
■補助対象事業
富山県内の中小企業による、県内のクリエイターを活用した新商品やサービスの開発、既存商品やサービスの高付加価値化、販路拡大などの事業。

■助成金額
助成率は1/2以内、上限は50万円。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  3. 上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

    上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

  4. 【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

  5. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  6. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  7. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  8. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  9. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  10. 六角形段ボールで資材費減! 隙間を省くほかPRスペースも拡大

アクセスランキングをもっと見る

page top