【インバウンド向けホステル浸透中!:2】今日からできる口コミ戦略! 画像 【インバウンド向けホステル浸透中!:2】今日からできる口コミ戦略!

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼施設はリノベーションで初期コストを抑える
▼思わず写真を撮りたくなる演出で口コミを誘導
▼外国人客の“かゆいところに手が届く”接客サービス

■口コミを活用して年間平均稼働率90%超を維持

 部屋のタイプは相部屋を中心とし、トイレやバスシャワー、キッチン、洗濯機などが共有となる分、宿泊費がホテルよりも格安である点が特徴のホステル。ビザの緩和や格安航空LCC各社の路線拡大などにともない、増加した訪日個人旅行客をターゲットとした開業が相次いでいる。

 ホステルは簡易型の宿泊施設である点から、既存の宿泊施設や商業施設などをリノベーションすることで、初期コストを抑えて開業できる。この点について、外国人集客のプロデュース・コンサルティング事業を展開するニッチリッチ代表取締役の細井保裕氏は次のように明かす。

「物件により初期コストは大幅に変わりますが、宿泊施設等以外の施設をリノベーションする場合には用途変更が必要となり、坪単価50万円から60万円程かかってしまうことが多いようです。最近オープンしている新規参入ホステルは、推定坪80万円から100万円の工事費がかかっています。ただ、旅館業や簡易宿泊業を既に取得している物件であれば修繕費とリニューアル費用のみなので、比較的初期コストを抑えて開業ができます」

 観光客でにぎわう浅草から徒歩圏にある「オークホテル」は、築40年のビジネスホテルをリノベーションしたホステル。ニッチリッチがその運営を手掛けている。当初の主な費用は、配管の劣化により約1500万円、壁紙・絨毯などで約200万円、フロント回り・浴室の修繕で約100万円。電話配線・Wifiなどで約200万円。また、消防法の規定により非常扉増設工事に約100万円、天井の水漏れ修繕等に約50万円、各室トイレなどの水回りに約50万円、古いタイプの集中エアコンであったため全室個別エアコンを設置するのに約350万円かかったという。

 こうして全71室、最大収容人数126人のホステルに生まれ変わった結果、月額の売上が300万円以上も向上したという。リニューアルオープンしたのは東日本大震災の直後だったが、約半年で黒字に転換すると、その後の3年間で客室単価を3000円向上させた。

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

    北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

  2. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

    JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  3. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

    八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 宮古~釜石間の鉄道、震災からの復旧計画通り。三陸鉄道への移管準備も

  6. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

  7. 福島県相馬市で新庁舎が完成。復興から一つの山を越えた

  8. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

  9. ESRが兵庫県尼崎市に国内最大級の物流施設。延べ39万平米

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top