熊出没に警戒!6月異例の注意喚起 画像 熊出没に警戒!6月異例の注意喚起

制度・ビジネスチャンス

 熊出没に警戒を――。全国規模で出没が相次ぎ、死傷者も増える中、農水省が農家向けの注意喚起に乗り出した。熊の出没を防ぐ方法や、農作業中に遭遇した時の対応をまとめ、同省ホームページ(HP)に掲載。都道府県向けにも、この時期異例となる通知を出し、警戒を強める。
 熊に遭遇しないよう、同省は農作業中に注意すべき点を列挙した。ラジオなど音の出るものを携帯し、自らの存在をアピールすることが安全確保につながると強調。早朝や夕方の時間帯は熊の行動が活発になるため、周囲に注意するよう呼び掛ける。特に、森林に隣接する農地は出没ルートになりやすいので、低木の刈り払いを励行するなど、危険を減らす活動を促した。

 また、生ごみや野菜、果実の残さは熊を引き寄せる原因になると指摘。速やかに処理し、収穫後に放置しないことも重点に挙げた。収納庫の施錠の管理徹底なども求める。もし、熊に遭遇してしまった場合は、熊に背を向けず、ゆっくりその場から離れるようアドバイスする。

 併せて同省は、熊よけになる緩衝帯の整備、電気柵などの侵入防止柵、捕獲などの地域ぐるみの自衛策に支援しており、「積極的に活用してほしい」(鳥獣対策室)と話している。

 同省と林野庁、環境省は都道府県にも熊出没に注意を現場に呼び掛けるよう通知を出した。同省によると、熊の注意喚起の通知は2010年10月以来。熊は冬眠前の秋ごろに出没情報が多く、6月に通知を出すのは異例だという。

熊出没に警戒 6月異例の注意喚起 農作業中の対策紹介 農水省

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

    リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

    国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  4. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  5. 上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

  6. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  7. 【外国人技能実習生:1】受け入れを検討するタイミングはいま。

  8. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  9. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  10. 羽田空港周辺インフラ整備の工程表、新設道路も

アクセスランキングをもっと見る

page top