将来のiPhoneは表も裏も360度ディスプレー? 画像 将来のiPhoneは表も裏も360度ディスプレー?

IT業務効率

 側面が一部ディスプレーを兼ねた「ギャラクシーS7エッジ」も素晴らしいが、それどころの話ではない。スマートフォンの表と裏360度全てがフレキシブル有機ELディスプレーで覆われたiPhoneのデザインが、米国特許商標庁(USPTO)から14日付で[http://pdfpiw.uspto.gov/.piw?docid=09367095&SectionNum=1&IDKey=3E2404C62327&HomeUrl=http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO2%2526Sect2=HITOFF%2526p=1%2526u=%25252Fnetahtml%25252FPTO%25252Fsearch-bool.html%2526r=1%2526f=G%2526l=50%2526co1=AND%2526d=PTXT%2526s1=9,367,095%2526OS=9,367,095%2526RS=9,367,095{特許を取得}]した。

 アップルによれば、これまで使われなかった裏面や側面を表面のディスプレーと同様に活用し、ゲームをしたりビデオを見たり、さらに表から裏まで連続したループの形でビデオや写真を映し出せるようになるという。

 特許の名称は「巻きつけ式ディスプレーを持つポータブル電子機器」。組み立て工程で透明のガラス筐体の内側にフレキシブルディスプレーを巻いた形で入れ込み、それがほどけて透明ケースの内周全体にぴっちりはまり、外周部のどこにでも画像を表示できるようになる仕組みだ。

 それに伴って、電源や音量調整用のスイッチ、ホームボタン類も筐体表面から無くし、これまでと同じ位置にその機能を配置するという。アップルは今回の特許とは別に、ホームボタンのセンサーをディスプレーの下に配置して、超音波イメージングで指紋を読み取る特許を先月に取得済み。こうしたセンサーで物理的なスイッチを置き換え、全周ディスプレーを実現する。

 さらに上下のエンドキャップを取り外すことで、内部のモジュールを入れ替えることができるという。ただし、これまでのアップルの特許と同様、この特許が商品化されるかどうかはわからない。

将来のiPhoneは表も裏も360度ディスプレー?アップルが特許取得

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

    サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  4. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. ~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

  6. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

  7. ~ITで強い商店街を作る:3~今どきの商店街のO2O戦略

  8. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  9. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  10. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

アクセスランキングをもっと見る

page top