~インバウンド向けホステル浸透中!:1~個人旅行の格安ニーズをつかむ! 画像 ~インバウンド向けホステル浸透中!:1~個人旅行の格安ニーズをつかむ!

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼増加するアジア系旅行者のニーズとホステルにズレがある場合も
▼欧米系とアジア系の両顧客を獲得できるソフトとハードを
▼日本人需要の掘り起こしによるリスク管理も

■インバウンドの格安志向が追い風に

 毎年増加の一途をたどり、2015年には約2000万人に達した訪日外国人観光客。宿泊業界のビジネスチャンスも拡大している。宿泊施設には旅館をはじめシティホテル、リゾートホテル、ペンション、民宿などさまざまな形態があるが、中でも最近注目を集めているのがホステルだ。

 元々ホステルは安価に個人旅行を楽しむバックパッカー文化が根強いことから、欧米で普及した簡易宿泊施設。別名ゲストハウスとも呼ばれている。部屋のタイプは、最近は個室を用意する施設も増えているが、ドミトリーという大部屋が中心で、宿泊料金はおおむね素泊まり1泊1人2000~4000円前後。相部屋が基本となり、トイレやシャワー(バス)、キッチン、洗濯機などもすべて共有だ。

 主に、ホステルを利用するのは予算に限りがある若者層。共有スペースやラウンジで出身の異なる宿泊者同士が交流を深められやすい点も、ホステルの人気を支えている。

 訪日外国人観光客数の増加とともに、海外でなじみのあるホステルに対するニーズが国内でも見込まれている。特にここ数年はビザの緩和や円安などにより、従来のような富裕層を中心としたパッケージツアーだけでなく、旅費を抑えたい個人旅行者が増加傾向にあるからだ。格安航空のLCC各社が海外と日本を結ぶ路線を拡大していることも、これを後押ししている。

■増加するアジア系旅行者のニーズとホステルにズレ?

 では、日本国内では今後ホステルが増えて行くのだろうか? ここで注目したいのが、新規参入したホステルで成功と失敗の明暗が分かれていることだ。

 ホステルを中心に宿泊業界で外国人集客のプロデュース・コンサルティング事業を展開するニッチリッチ代表取締役 細井保裕氏によると、インバウンドの伸びもあってオープン当初は順調に宿泊者を増やしていたものの、やがて業績が伸び悩んでしまうというケースがあるという。その原因の1つとなっているのが、宿泊者の出身国・地域を理解していないことによる対応のズレだ。

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  7. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  8. 富裕層インバウンドの法則その8

  9. 東京・浜松町一丁目地区再開発、近く本格着工

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top