東北整備局で震災後初の道路啓開訓練を実施 画像 東北整備局で震災後初の道路啓開訓練を実施

制度・ビジネスチャンス

 東北地方整備局は8日、東日本大震災後初めてとなる災害時の道路啓開訓練を行った。川瀧弘之局長ら幹部や防災担当者をはじめ、民間からも東北建設業協会連合会(東北建協連)など計約120人が参加。初動の情報伝達や道路啓開計画の策定、建設機械を使ったがれき処理などをそれぞれ訓練した。
 訓練は、同日午前10時に宮城県沖で震度6強の地震と大規模津波が発生したことを想定して開始。まず庁舎内の災害対策室に川瀧局長を本部長とする災害対策本部を設置し、防災モニター画面を通じ道路の被害状況の把握に努めた。
 10時20分ころまでには、おおむね東北各地の道路の被害状況を把握し、東北建協連に道路上に散乱したがれき処理などの協力を要請した。
 同日午後は、宮城県多賀城市の同局東北技術事務所内にある実際の道路施設を使い、東北建協連などと共同で建設機械を使ったがれき処理の実働訓練を行った。
 復興庁は東日本大震災から5年の節目を迎えた機会を捉え、6月を「東北復興月間」と位置付け、震災の経験・教訓を広く共有するためのキャンペーンを展開中。今回の訓練は同月間にちなんだ取り組みの一環として実施された。
 東北整備局は、東日本大震災時に当時の徳山日出男局長(現国土交通事務次官)が陣頭指揮を執って緊急輸送道路を「くしの歯型」に啓開することで、東京方面からの緊急車両の迅速な通行ルート確保に役立てた。

東北整備局/震災後初の道路啓開訓練実施/東北建協連ら120人参加

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

    【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  3. 【おおさか地域創造ファンド:4】町工場が作るピクルスの味は?

    【おおさか地域創造ファンド:4】町工場が作るピクルスの味は?

  4. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  5. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  6. ■ニュース深堀り!■公民連携”でソーシャルなビジネスを始める

  7. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  8. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  9. 国交省が工事の準備・後片付け期間を改定。下期発注で運用、7工種で定義も明確化

  10. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

アクセスランキングをもっと見る

page top