8割が野菜不足、食生活に自信がある人でも…… 画像 8割が野菜不足、食生活に自信がある人でも……

制度・ビジネスチャンス

 10人に8人は、野菜不足の“自覚なし”――。青果物を食べて健康増進を呼び掛けるファイブ・ア・デイ協会の調査で、こんなことが分かった。「普段から野菜を十分に食べている」と、食生活に自信を持つ人が4割に上る一方、そのうち8割は、1日の摂取量が目標の350グラム(料理5皿)に達していなかった。特に、20代など若年層で野菜不足の傾向が強く、同協会は「1皿分は、握りこぶし一つ分として、食事を見直してほしい」と、5皿の目標量を分かりやすく伝える重要性を指摘する。
 調査は3月4~7日、全国の20~70代の男女600人を対象に、インターネットで実施。野菜の摂取状況や食生活の傾向を聞いた。

 1日にどれだけの野菜を食べているかの質問には、1皿(38.3%)が最も多く、20.50代男性、30代女性では半数に上った。次いで2皿(20.7%)、3皿(18%)の順。目標量の5皿以上を食べている人は、全体の6.7%にとどまった。

 野菜摂取量が少ない実態の中で、「食べない理由」も尋ねた。最も多かった回答は「普段から野菜を十分に食べているから」で35.3%。一方で、回答者のうち81.6%は、摂取量が5皿に満たなかった。次いで「価格が高い」(29%)、「料理の手間が面倒」(21%)など。安価な外食や中食の普及に加え、男性の4割が、食事の際は好きな物を食べると答えるなど、食生活の乱れが顕著であることも分かった。

 食生活の見直しを期待できる対策では、「テレビやインターネットでのメニュー紹介」が73.8%で最多。一方、「スーパーなど購入場所でのレシピ配布」(70.5%)、「パッケージや包装を使った情報掲載」(69%)も効果的との見方が強く、生産や流通の現場からも消費拡大を働き掛ける重要性が浮かび上がった。

8割が野菜不足 食生活に自信がある人でも・・・ファイブ・ア・デイ協会調査

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 選挙戦スタート、各党の建設業界の課題への対応は?

    選挙戦スタート、各党の建設業界の課題への対応は?

  2. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

    環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  3. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

    四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  4. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  5. 福島復興風力、仮事業者を公募。再生可能エネで県内需要を

  6. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  7. 名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

  8. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  9. JR東日本、耐震対策強化へ。首都直下地震も視野に

  10. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

アクセスランキングをもっと見る

page top