「文理融合型」の産学連携、大型プロジェクト呼び込む! 画像 「文理融合型」の産学連携、大型プロジェクト呼び込む!

制度・ビジネスチャンス

 横浜国立大学は10月に、経営学と理工系の研究者が協力して取り組む文理融合型の産学連携を始める。産学で将来の産業ビジョンを策定し、実現する技術やビジネスモデルを開発する。産業界で進むオープンイノベーションの流れにも対応する。横浜国大は現在約20億円の共同研究などによる外部資金について3割増を目指す。

 文理融合型の産学連携に向けて、横浜国立大学研究推進機構の産学官連携推進部門にコンサルティング機能を設けた。この連携によって企業は事業戦略の立案から技術開発までを大学と共同で構想できる。大学も大型プロジェクトを呼び込みやすくなる。

 年間3件程度のビジョン策定に取り組む。対象はロボット関連企業などを想定する。企業だけでなく、神奈川県など行政機関との連携も探る。

 産業ビジョンは学内の技術シーズをベースに立案するのではなく、ビジョンから必要な技術を選定する「バックキャスト」の手法を採用する。経営学や経済学部など人文社会系の研究者が事業戦略などを、理工系の研究者が技術戦略をサポートする。2015年度の試行を踏まえ、16年度から本格展開する。

 有望だと大学が認めた技術については、大学が予算を配分して研究を促す。ビジョンの実現に必要だが横浜国大が保有していない技術は、他大学や企業から募る。

 大企業であっても新事業部門など人的資源が限られる部署では、文理横断的な戦略立案は難しい。今回の横浜国大の枠組みを使えば、企業は自社では限りがある幅広い知見を大学から得られる。さらに大学と長期的な戦略を共有すれば、外部の技術開発と自社のビジネスモデルを研究段階からすり合わせられる。

横浜国立大が「文理融合型」の産学連携。大型プロジェクト呼び込む

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

    四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  3. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  6. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  7. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  8. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  9. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  10. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

アクセスランキングをもっと見る

page top