曲がる画面持つスマホ、サムスンが来年初めに発表か 画像 曲がる画面持つスマホ、サムスンが来年初めに発表か

IT業務効率

 韓国・サムスン電子が曲がるディスプレー画面を持つ2種類のスマートフォンの発売を検討しているという。事情に詳しい関係者の話として、ブルームバーグが最初に報じた。早ければ2017年初めにも発表するという。2月にスペイン・バルセロナで開かれるモバイルワールドコングレス(MWC)で公表されるとみられる。

 2機種とも有機ELディスプレー(OLED)を採用し、うち一つは化粧コンパクトのように、二つに折りたためば半分の大きさになる機種。もう一つは通常5インチの画面を広げると、タブレットのように画面が大型の8インチになる仕様を持つ。ソウルのIBK証券のアナリストによれば、最大の課題は、耐久性を持つ透明プラスチックをいかに作るかにあるという。

 一方、ライバルのアップルは2017年秋にも有機ELディスプレーを採用したiPhoneを発売するとみられている。ゆくゆくは大量のOLEDをアップルに供給しながら、スマートフォンでアップルと激しいシェア争いを演じるサムスンとしては、奥の手を繰り出すことでiPhoneにOLEDをようやく採用するアップルに差をつける考え。ただし、この関係者によれば、サムスンは同機種を「Galaxy S」の名前で発売する計画はないという。

サムスンが2013年9月に公開したフレキシブルOLEDスマートフォンのコンセプト映像

曲がる画面持つスマホ、サムスンが来年初めに発表かーブルームバーグ報道

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

    日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 東北整備局、ドローンによる被害状況動画撮影でポイント集作成へ

    東北整備局、ドローンによる被害状況動画撮影でポイント集作成へ

  4. “空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは?

  5. スーパー精肉売り場、小型モニターのメニュー提案で売上増!

  6. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  7. サービス業のIT利用最前線!13 アプリで伝える、老舗の伝統と革新/ニユートーキヨー

  8. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  9. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  10. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

アクセスランキングをもっと見る

page top