曲がる画面持つスマホ、サムスンが来年初めに発表か 画像 曲がる画面持つスマホ、サムスンが来年初めに発表か

IT業務効率

 韓国・サムスン電子が曲がるディスプレー画面を持つ2種類のスマートフォンの発売を検討しているという。事情に詳しい関係者の話として、ブルームバーグが最初に報じた。早ければ2017年初めにも発表するという。2月にスペイン・バルセロナで開かれるモバイルワールドコングレス(MWC)で公表されるとみられる。

 2機種とも有機ELディスプレー(OLED)を採用し、うち一つは化粧コンパクトのように、二つに折りたためば半分の大きさになる機種。もう一つは通常5インチの画面を広げると、タブレットのように画面が大型の8インチになる仕様を持つ。ソウルのIBK証券のアナリストによれば、最大の課題は、耐久性を持つ透明プラスチックをいかに作るかにあるという。

 一方、ライバルのアップルは2017年秋にも有機ELディスプレーを採用したiPhoneを発売するとみられている。ゆくゆくは大量のOLEDをアップルに供給しながら、スマートフォンでアップルと激しいシェア争いを演じるサムスンとしては、奥の手を繰り出すことでiPhoneにOLEDをようやく採用するアップルに差をつける考え。ただし、この関係者によれば、サムスンは同機種を「Galaxy S」の名前で発売する計画はないという。

サムスンが2013年9月に公開したフレキシブルOLEDスマートフォンのコンセプト映像

曲がる画面持つスマホ、サムスンが来年初めに発表かーブルームバーグ報道

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ドル・元払いに対応、外国人特化の日本酒通販サイトオープン

    ドル・元払いに対応、外国人特化の日本酒通販サイトオープン

  2. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  3. スーパー精肉売り場、小型モニターのメニュー提案で売上増!

    スーパー精肉売り場、小型モニターのメニュー提案で売上増!

  4. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  5. ~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に

  6. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  7. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  8. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  9. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  10. 不要なサイト買います、リノベーション後売却するサイト売買サービス

アクセスランキングをもっと見る

page top