【時事エッセイ】どこを向いて仕事をするか 画像 【時事エッセイ】どこを向いて仕事をするか

制度・ビジネスチャンス

 三菱自動車に端を発した車の燃費不正問題が尾を引いている。先週末には不正行為を明らかにしていたスズキの本社にも国土交通省の立ち入り検査が行われた▼そもそも、自動車メーカーが公表する燃費とは誠に怪しい代物である。車を買って運転してみればすぐ分かることだが、「リッター○○km」とCMなどでも宣伝している燃費を普通に走って実現するのはまず不可能▼停止・発進を繰り返すこともなく、エアコンも不使用という条件で測った燃費が実際とかけ離れるのは当然といえば当然だ。メーカーの業界団体も、実燃費とは平均3割ほども違うことを公式に認めているそうだから、何をか言わんやである▼消費者の環境意識が高まり、節約志向もまた切実。そこにつけ込むかのように、極めて特殊な条件で測定した燃費をあたかも実際の燃費であるかのように宣伝する行為は、データ偽装と同様に不誠実な振る舞いといえないか▼透けて見えるのは、消費者を置き去りにした「企業本位」のメーカーの姿勢と監督行政だろう。どこを向いて仕事をすべきか、車に限らず日本の産業界全体が問われていよう。

回転窓/どこを向いて仕事をするか

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 柿、梨、キウイフルーツ、手で簡単にむける技術成功/加工作業利用や家庭消費の拡大へ

    柿、梨、キウイフルーツ、手で簡単にむける技術成功/加工作業利用や家庭消費の拡大へ

  2. 大規模建築物の1割が震度6強以上で倒壊の危険性/国交省、25年までに耐震化めざす

    大規模建築物の1割が震度6強以上で倒壊の危険性/国交省、25年までに耐震化めざす

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. 前田建設と千葉大学、大規模木造建築向け加工ロボ開発

  5. ■ニュース深堀り!■コンパクトシティー、地元企業に商機は?

  6. 関電工、前橋市にバイオマス発電所完成/群馬県内の未利用間伐材など利用

  7. 知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

  8. 「利益剰余金」を見よ! あなたの会社の実態がここにある・・・

  9. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  10. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

アクセスランキングをもっと見る

page top