愛媛県四国中央市の新庁舎建設、17年1月に着工 画像 愛媛県四国中央市の新庁舎建設、17年1月に着工

制度・ビジネスチャンス

 愛媛県四国中央市は、新庁舎整備の基本設計がまとまったとして概要を公表した。庁舎棟と市民交流棟、立体駐車場棟を整備し、市の新たなランドマークとなるような施設デザインを目指す。設計は大建設計が担当。17年1月に着工し、全体の完成は19年9月を予定している。
 新庁舎の整備場所は三島宮川4丁目の現庁舎敷地約3700平方メートルと市道ふれあい通り線を挟んだ東側の約6100平方メートルの敷地。東側の敷地に建設する庁舎棟の規模はS造6階建て延べ約1万0260平方メートル。免震構造を採用する。1~5階に執務室や会議室などを、6階に議場を配置する。
 現庁舎跡地に整備する市民交流棟の規模はS造地下1階地上2階建て延べ約1240平方メートル。地下に倉庫、1階に展示スペース、2階に市民交流スペースなどを配置する。立体駐車場棟の規模はS造2階建て延べ約3620平方メートル。庁舎棟と市民交流棟は市道ふれあい通り線を高架する連絡通路棟で結ぶ。
 整備スケジュールによると、庁舎棟は17年1月に、市民交流棟は同12月に着工し、両棟とも18年8月に完成。引っ越しを行った後、10月から19年3月まで現庁舎の解体工事を行う。同4月から立体駐車場棟の建設を行い、9月に完成させる。

愛媛県四国中央市/新庁舎建設/庁舎棟延べ1万平米、17年1月着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

    誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  3. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  4. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

  5. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  6. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  7. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  8. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  9. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  10. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

アクセスランキングをもっと見る

page top