~着地型観光:3~ストーリーをどう作ればいいのか? 画像 ~着地型観光:3~ストーリーをどう作ればいいのか?

制度・ビジネスチャンス

【記事のポイント】
▼世界遺産を軸とした補助制度がチャンスに
▼自治体は「ヒト・モノ・カネ」でバックアップ
▼着地型観光には官民一体の「価値観の共有」が必要


■活性化する「着地型観光」の補助事業

 地域の特色を活用した体験型の観光プログラムを企画し、観光客が現地集合・解散するという観光モデル「着地型観光」。出発地点からツアーを組む従来の「発地型」モデルとは異なり、着地型観光では目的地となる地域が観光をプロデュースするため、各地域をより深く体験できるのが魅力だ。

 着地型観光は体験型という性質から、海外からのインバウンド需要の取り込みが期待されている。そこで現在、観光庁の推進のもと、全国各地の自治体では着地型観光への補助金支援が活性化しているようだ。16年6月現在も富山県や徳島県、鹿児島県徳之島町などの補助金事業が応募を行っている。

■利用すべきは観光マネジメント人材の育成プログラム

 15年に釜石市の橋野鉄鉱山が世界遺産に登録された岩手県では、着地型観光の支援として、旅行商品造成への補助金支援を実施している。「パンフレット・チラシの製作経費」、「広告掲載に要する経費」を対象に、これらの3分の2相当額を上限50万円で助成する事業を展開。さらに、「世界遺産『橋野鉄鉱山』バス旅行商品造成支援」として、橋野鉄鉱山を含む同県観光地を周遊する貸切バス代を支援する補助事業を展開している。

 貸切バスは1台につき、日帰りツアーで2万5000円、県内で1泊以上するツアーで5万円が助成される(旅行会社1社あたり年間20万円が上限)。世界遺産という新たな強みを活かす、その一点に集中して補助金を展開している例といえるだろう。

 その上で県では着地型観光の活性化に向けて、「着地型旅行商品の作り方」や「販路開拓のノウハウ」を学習するセミナーを実施している。岩手県観光課の藤原英志氏によると、これは地域の観光マネジメント人材の育成に向けての取り組みとのことだ。

《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

    朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

  2. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

    名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  3. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

    国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  4. 不動産事業者向けソーシャルリスク対策サービスがスタート

  5. 時事エッセイ/二兎を追うための時間

  6. 法人向け給油カードの新商品……オリックス自動車

  7. まだ間に合う! 中小企業のマイナンバー直前対策(後編)

  8. 国交省、労務費調査の有効回答率向上へ呼び掛け強化

  9. ホテル建設大規模化へ容積率割り増し

  10. 国土強靱化ー初弾認証企業に44社、政府から“お墨付き”

アクセスランキングをもっと見る

page top