【HANJO女子】スピード感と緊張感が楽しい 画像 【HANJO女子】スピード感と緊張感が楽しい

人材

 ◇夢はプロジェクトマネジャー
 液化天然ガス(LNG)の貯蔵設備やボイラーなどプラントの設計・施工に携わっている。他部署では設計と施工で人員を分けるのが通常だが、所属部署では兼任する。入社8年目。これまで設計を中心に仕事をこなしてきたが、最近は進ちょく管理や顧客・他部署との折衝を行う品質管理を一人で任されるまでになった。
 「頭で思い描いたものが形になっていくのが面白い」と話す。品質管理という立場では、決断の遅れが作業の遅れに直結することもあるため、常にスピード感を求められる。そうした緊張感も含めて「楽しめている」。
 課題は「設備機器そのものの知識を増やす」こと。ボイラーであれば、機器の配置や組み合わせによって燃焼効率が変わることもある。知識を十分に身に付けることで、「顧客に説明する時の説得力が変わってくる」。いずれは、プロジェクト全体を取りまとめるプロジェクトマネジャーの立場になるのが夢だ。
 大学では土木を専攻していたため、土木の知識を生かせる仕事を探していた。IHIを選んだのは、国内外問わず活躍のフィールドを広く持っているから。インフラ整備に携わることで「環境や多くの人の暮らしの改善に貢献したい」。
 体を動かすのが好きで、特にテニスは小中高と全国大会に出場したほどの腕前。プロジェクトが始まると、現地に1年近く駐在することもあるが「仕事と趣味を両立しながら、海外でも活躍できる人材になる」と大きな夢を描いている。
 (土木・建築エンジニアリング部、いじち・さおり)

凜/IHIエネルギープラントセクタープロセスプラント事業部・伊地知沙織さん

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  3. 三井不動産、「働き方改革」に関する事業を加速

    三井不動産、「働き方改革」に関する事業を加速

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】普通の主婦から社長に――ダイヤ精機の改革と人材育成の極意に学ぶ(1)

  5. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  6. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  7. 社保加入促進、3次下請が初の9割台。着実に加入進展

  8. NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

  9. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

  10. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

アクセスランキングをもっと見る

page top