ロボットが電子看板を操作! 専用アプリ進化中!! 画像 ロボットが電子看板を操作! 専用アプリ進化中!!

IT業務効率

 三菱電機はロボットを使ってデジタルサイネージ(電子看板)を動作させる「ロボットサイネージ」用のアプリケーションソフトを開発した。ロボットが持つ音声認識や画像認識の機能から得た情報をもとにロボットがサイネージに指示を送り、映像コンテンツを再生する。見た目や動きで人の関心を集めやすいロボットと連動してサイネージの注目度を高める。今後、店頭の商品紹介や観光地の見所案内といった用途開発を進める。

 開発したロボット用アプリはソフトバンクの「ペッパー」とタカラトミーの「オハナス」の2種類のロボットに対応。ロボットが人による音声指示や内蔵カメラで撮影した人の年齢・性別などの情報をもとに、あらかじめ記録しておいた映像コンテンツから状況に合うものを選択し、サイネージに再生を指示する(オハナスはスマートフォンを経由する)。

 ロボットが動きを交えて商品紹介などの音声コンテンツを読み上げるのに合わせて、サイネージに映像のページ送りなどの指示を出し、ロボットとサイネージが連動して情報を発信する。

 開発段階のため、価格や発売時期は未定。今後、サイネージとの通信環境に汎用性を持たせるなど使いやすさを向上する。ロボットサイネージ専用コンテンツの制作サービスを始めることも視野に入れ、展示会などで顧客の反応を見ながらサイネージとアプリの提供形態などを検討する。

ロボットが電子看板を操作。三菱電機がアプリ開発で用途広げる

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 自航式多目的船「オーガスト・エクスプローラー」が竣工、海洋開発工事参入へ弾み

  5. 低炭素型コンクリ、国内で初めて現場打設に成功

  6. 家畜バイオマスで水素、電気、温水を製造・供給。北海道で実証事業

  7. トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定

  8. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  9. 抗がん剤が効くかどうか20分で分かる検査キットを名大が開発!

  10. DeNAがAIを活用したタクシー配車アプリの実用実験

アクセスランキングをもっと見る

page top