【運輸・交通EXPO:2】トラックカーナビ、クラウドで月1万円台から! 画像 【運輸・交通EXPO:2】トラックカーナビ、クラウドで月1万円台から!

イベント

【記事のポイント】
▼多機能なデジタコへの更新ですすむ業務効率化
▼トラックカーナビ登場で、運行計画は次のステップに
▼クラウド化で進むITコストダウンに注目

■運行記録計はデジタル化を経て、多機能化の時代に

 日本経済の悪化が輸送量の伸び悩みという形で、トラック運送業界に影を落としている。近々での改善が望めない以上、企業の競争力を高めるためには業務の効率化が必要不可欠。そこで注目されているのがITの導入だ。

 トラック輸送におけるITの導入というと、一番分かりやすいのが運行記録計(デジタコ)だろう。物流に関わる技術やシステムの展示会「運輸・交通システムEXPO2016」を見ても、近年ではその技術の進化が目覚ましい。

 従来はトラックの速度や走行時間を記録して、それを元に危険運転を検知したり、運転日報を自動作成。さらに、GPSやカメラと連動して、車の状態を遠隔管理するというのが主な役目だった。それに加えて、最近ではアルコールチェッカーとの連動がトレンドとなっている。これなら遠隔地にいるドライバーと電話で中間点呼を行う際に、本当に酒気帯び運転を行っていないか確認できるというわけだ。

 その他、会場ではドライバーの拘束時間管理表を自動作成するデジタコも出展されていた。開発元のNPシステム開発 システム営業 豊田忠弘氏によると、時間管理表は運転開始時間から24時間を1日として計算するため、その時間内に次の運送業務を開始すると、日付が重なり計算が複雑化していたという。そのため、時間管理表の自動作成に対応しているデジタコは少ない。

「もしも事故が起きたときに、一番大きく騒がれるのがドライバーのオーバーワークです。きちんと法に従って業務を行っているか、その証拠として提示できるのが拘束時間管理表になります。運行管理や配車などで手一杯という事業者も多いので、自動集計による負荷軽減は大きいと思います」

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 第二十八回伊藤園お~いお茶新俳句大賞表彰式開催

    第二十八回伊藤園お~いお茶新俳句大賞表彰式開催

  2. これはウケる! 地方創生で学生が地元店のPRポスターを制作

    これはウケる! 地方創生で学生が地元店のPRポスターを制作

  3. 【実践ソリューションフェア:1】コンサル不要の新経営解析ツール

    【実践ソリューションフェア:1】コンサル不要の新経営解析ツール

  4. 【大人の武者修行】ハロー・トーキョーが伝えた“タクシー業界で生き抜く考え方”

  5. 重要なのは“自分ごと”としてみてもらえるコンテンツ/デジタルサイネージジャパン

  6. 【ギフト・ショー】和服にピッタリ、雨に濡れると色や柄が浮き出てくる傘

  7. 働き方改革のカギ「テレワーク」、導入はいま!/ワークスタイル変革EXPO

  8. ~HCJ2017:1~生産性とおもてなしを両立するICTとは?

  9. 今年度の「そろばん日本一」が決定

アクセスランキングをもっと見る

page top