メロンの品質良く、カット売りが値頃で人気! 画像 メロンの品質良く、カット売りが値頃で人気!

インバウンド・地域活性

 出荷最盛期の一般メロンが堅調に取引されている。価格は平年(過去5年平均)を1割上回る。出回りは1割多いが、「アンデス」や「クインシー」などを値頃商材としてカットで売り込むスーパーが増えているためだ。卸売会社は「来週も入荷は多いが、引き合いが強く高値を維持する」とみる。
 5月下旬の日農平均価格(各地区大手7卸のデータを集計)は1キロ428円で平年より9%高い。6月に入っても高値を維持。2日は415円と平年より12%高かった。卸売会社は「序盤の相場安で、今年は売り場の拡大が早かった。高品質で消費者の反応も良いため、売り込みが強い」と説明する。

 5月下旬の販売量は1380トンで平年を11%上回った。同日は234トンと17%多かった。主力のJA全農いばらきによると、5月末までの出荷量は少なかった前年を3割上回った。「冬の気温高で生育が1週間ぐらい前進している」と話す。

 首都圏で140店舗を展開するスーパーは「アンデス」「クインシー」6分の1カット2個を1パックで、それぞれ298、398円で販売する。「値頃感と品質の良さから、ここ2週間の販売数量は前年比5割増」という。

 東京都内の別のスーパーでは「今年はパイナップルが少ないため、その分メロンの扱いを強化している」と話す。

 今後の出回りについて、産地は「来週はクインシーがピーク。中旬以降は前進反動で少なくなる」(全農いばらき)と見込む。卸売会社は「中旬も小売りの引き合いは鈍らない。量が減る分さらに高値になる可能性もある」と見通す。

メロン 品質良く堅調 カット売り 値頃で人気

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. ~着地型観光:2~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(後編)

  5. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  6. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  7. 「フォーシーズンズホテル京都」がオープン、4年以内に沖縄も!

  8. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  9. 清水建設、特定天井対応の耐震天井構工法開発、躯体と天井ボードを直結

  10. 青森県平川市の新本庁舎建設設計/三角形のユニークなデザイン

アクセスランキングをもっと見る

page top