【運輸・交通EXPO:1】注目は体調管理のIT化! 画像 【運輸・交通EXPO:1】注目は体調管理のIT化!

イベント

【記事のポイント】
▼ドライバー管理はアルコールチェックから体調管理へ深化
▼センサー視点でヒヤリハヤットの一歩前に警告を
▼ソリューション導入でドライバーの意識改革を進める


■運行管理者の労務コスト、遠隔点呼で変わる

 定期的にテレビや雑誌を騒がせているトラック事故。16年3月には山陽自動車道「八本松トンネル」で多重事故が発生。発端となったトラック運転手、および運送会社には過労運転などの法令違反の疑いが掛けられている。

 このような事故が起きたとき、注目されるのは事業者の安全対策だ。運行管理者は乗務の前後に行う点呼などで、ドライバーの健康状態や酒気帯び状態を確認することが義務付けられている。とはいえ、トラック輸送はコストの問題などから夜間発の便も多い。また、ドライバーは複数の営業所で発着するため、そのすべてで対面による点呼を行うのは、事業者にとって大きな負担だ。

 物流に関わる技術やシステムの展示会「運輸・交通システムEXPO2016」では、そんな運行管理を支援するさまざまなソリューションが展示された。中でも、注目を集めていたのが点呼業務のIT化。それも古くからある対面点呼をサポートするようなシステムではなく、遠隔会議システムを使って、画面越しに点呼を行おうという取り組みだ。

 このシステムを導入することによる事業者側のメリットは大きく2つ。それが、運行管理者を各営業所に置かずに済むことによるコスト削減と、点呼をリアルタイム確認して事故に対する管理責任を担保できることだ。

 会場にはIT点呼のソリューションがいくつか展示されていたが、中でも注目されていたのがテレニシの「IT点呼キーパー」。クラウド活用により初期コストを10万円まで抑え、ランニングコストも月額1万円から。これまで運送ルートの中継地などで行っていた電話点呼でも、スマホのビデオ通話やGPSを利用して、より正確にドライバーの状況を確認できる。

 会場では遠隔点呼のデモが行われていたが、映像の解像度も高く、相手の顔色なども伺うことができた。設備としてはパソコンが1台あればよいので、営業所の体制を整えるにあたっての負荷も少なくて済むだろう。

 さらに、これを進めてドライバーの体調管理までケアするのが、東芝の日常健康見守りサービスだ。リストバンド型のヘルスメーターを利用して、業務時間外も含めたドライバーの健康状態を管理。睡眠時間や心拍数、血圧などを点呼時に確認することで、きめ細やかな指導が行えるという。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 重要なのは“自分ごと”としてみてもらえるコンテンツ/デジタルサイネージジャパン

    重要なのは“自分ごと”としてみてもらえるコンテンツ/デジタルサイネージジャパン

  2. 社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

    社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

  3. スポーツ観戦も臨場感で勝負! IoTと5Gイノベーション/ワイヤレスジャパン2017

    スポーツ観戦も臨場感で勝負! IoTと5Gイノベーション/ワイヤレスジャパン2017

  4. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  5. ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

  6. 居酒屋が成長し続けるためには何が必要か?/外食ビジネスウィーク

  7. 【農業ワールド:2】積載UPと自動操縦で効率化!農業ドローン

  8. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  9. ドローン+防災の今!展示会で見かけた新製品&ソリューション

  10. 全国回転寿司がデカ盛りを競う!…ふるさと祭り8日から

アクセスランキングをもっと見る

page top