担い手3法、さらなる浸透へ 画像 担い手3法、さらなる浸透へ

制度・ビジネスチャンス

 国土交通省は、改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)など担い手3法のさらなる浸透と社会保険未加入対策に取り組むため、16年度上期ブロック監理課長等会議(全8ブロック)で、すべての都道府県との申し合わせを目指す。皮切りの24日の中国ブロックで合意。今後も各ブロックで同様の説明・提案を行い、申し合わせにつなげる考えだ。
 公共工事品確法に基づき発注者の共通ルールを定めた運用指針の本格運用から1年が経過。これを機に担い手3法のさらなる浸透に向け、▽適正な予定価格設定▽ダンピング受注防止策の徹底▽適切な設計変更▽施工時期などの平準化-などに取り組んでもらう。
 国交省は社会保険加入の目標として「17年度をめどに許可業者単位で100%、労働者単位で製造業並み」を設定した。期限まで1年を切り、未加入対策の一層の推進を要請。未加入業者の工事から排除と管内の市区町村への支援も求める。
 会議は6月29日の近畿ブロックまで今後7カ所で開かれる。国交省は都道府県の担当者と入札契約制度や建設業行政の課題について議論する監理課長等会議を「『担い手3法』の推進母体」(入札制度企画指導室)と位置付けており、15年上期には「歩切りの早期根絶」、同下期には「発注・施工時期の平準化」について申し合わせた。

国交省/担い手3法浸透へ全都道府県と合意目指す/監理課長会議で申し合わせ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~健康経営が生む新ビジネス:1~“チャットで健康相談”にニーズ

    ~健康経営が生む新ビジネス:1~“チャットで健康相談”にニーズ

  2. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

    ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  3. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  4. 【海外進出を支援する:3】海外出展で業界を変えた「播州刃物」

  5. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  6. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  7. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  8. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  9. 「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ

  10. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

アクセスランキングをもっと見る

page top