首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる 画像 首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる

制度・ビジネスチャンス

 1964年の東京五輪前に完成した首都高速道路。半世紀が過ぎ、首都高速道路会社が進める老朽化区間の大規模更新事業が本格始動する。初弾の高速1号羽田線の東品川桟橋・鮫洲埋立部(東京都品川区、延長1・9キロ)では現道の交通を切り回すため、仮設の迂回(うかい)路の整備に向けた準備工事が進む。

首都高/大規模更新工事が本格始動/初弾は東品川桟橋・鮫洲埋立区間

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク

    【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク

  3. 【果物お土産ビジネス:2】外国人と農園、両方に効く検疫支援

    【果物お土産ビジネス:2】外国人と農園、両方に効く検疫支援

  4. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  5. 絶対回収するすごい方法!

  6. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  7. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  8. 下請法の運用強化、親事業者に「現金支払い」要請

  9. 従業員に「活力」と「健康」を――オムロン「GENKIプロジェクト」

  10. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top