首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる 画像 首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる

制度・ビジネスチャンス

 1964年の東京五輪前に完成した首都高速道路。半世紀が過ぎ、首都高速道路会社が進める老朽化区間の大規模更新事業が本格始動する。初弾の高速1号羽田線の東品川桟橋・鮫洲埋立部(東京都品川区、延長1・9キロ)では現道の交通を切り回すため、仮設の迂回(うかい)路の整備に向けた準備工事が進む。

首都高/大規模更新工事が本格始動/初弾は東品川桟橋・鮫洲埋立区間

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

    【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  3. 「鳥取砂丘らっきょう」と「江戸崎かぼちゃ」、共通点は?

    「鳥取砂丘らっきょう」と「江戸崎かぼちゃ」、共通点は?

  4. 六角形段ボールで資材費減! 隙間を省くほかPRスペースも拡大

  5. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  6. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  7. 【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

  8. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  9. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  10. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

アクセスランキングをもっと見る

page top