首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる 画像 首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる

制度・ビジネスチャンス

 1964年の東京五輪前に完成した首都高速道路。半世紀が過ぎ、首都高速道路会社が進める老朽化区間の大規模更新事業が本格始動する。初弾の高速1号羽田線の東品川桟橋・鮫洲埋立部(東京都品川区、延長1・9キロ)では現道の交通を切り回すため、仮設の迂回(うかい)路の整備に向けた準備工事が進む。

首都高/大規模更新工事が本格始動/初弾は東品川桟橋・鮫洲埋立区間

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

    【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  2. ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

    ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

  3. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  4. 自動車向け炭素繊維複合材市場、2025年に43278億円…富士経済

  5. 「道の駅」から始まる自動運転、必要な2つのニーズとは?

  6. 国交省、トンネルや橋梁老朽化対策などストック効果重視方針

  7. ~あたらしい訪問型ビジネス:3~“オフィス”をセラピーの場に

  8. 宮崎県が防災拠点庁舎を建設。平常時にはイベントに活用

  9. 岡山県のITコンサル企業が県内の中小企業を対象にマイナンバー制対策サービスを開始

  10. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top