首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる 画像 首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる

制度・ビジネスチャンス

 1964年の東京五輪前に完成した首都高速道路。半世紀が過ぎ、首都高速道路会社が進める老朽化区間の大規模更新事業が本格始動する。初弾の高速1号羽田線の東品川桟橋・鮫洲埋立部(東京都品川区、延長1・9キロ)では現道の交通を切り回すため、仮設の迂回(うかい)路の整備に向けた準備工事が進む。

首都高/大規模更新工事が本格始動/初弾は東品川桟橋・鮫洲埋立区間

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 事業承継税制が大幅に改正される

    事業承継税制が大幅に改正される

  3. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

    成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  4. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  5. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  6. 三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

  7. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  8. 愛知県の衣浦港で新たなふ頭用地を造成、木材チップなどの保管ヤードとして利用

  9. メルカリ、自転車シェアリングサービス「メルチャリ」を開始へ

  10. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

アクセスランキングをもっと見る

page top