甘味2倍、ポリフェノール9倍の小麦粉誕生!

IT業務効率

 製粉会社の吉原食糧(香川県坂出市)は、甘味が通常の小麦粉の2倍ある「スウィートポリフェ」を開発、販売している。菓子の砂糖を減らせるのが強みで、原料には県オリジナルの「さぬきの夢2009」を使用。小麦胚芽を抽出した粉で、甘味や機能性成分が豊富なのが特徴だ。昨年の発売以来、県内の菓子会社などで導入が進んでいる。
減砂糖をPR
 同社によると、通常の小麦粉に比べ、甘味は約2倍、機能性成分のポリフェノール含量は約9倍ある。1袋4キロ入り。

 通常の小麦粉と混ぜて使う。菓子を作る場合は薄力粉に2割ほど混ぜると砂糖を3割減らせる。胚芽由来の独特な甘味が持ち味で、「パンに1割ほど混ぜても、こくや風味が増しておいしい」(同社)という。

 同社は、「スウィートポリフェ」の特設サイトも設置、機能性や使い方についての情報を発信している。吉原良一社長は「おいしさと健康への配慮の両方をPRでき、業界の関心も高い」とする。

甘味2倍 小麦粉誕生 ポリフェノールは9倍 香川の製粉会社

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  3. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

    ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  4. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  5. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  6. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  7. バーチャルリアリティ(VR)ってなんだ?

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  10. 立って乗るトランスポーター、セグウェイよりも安定感が

アクセスランキングをもっと見る

page top