国土地理院、技術者育成へインターンシップや出前授業 画像 国土地理院、技術者育成へインターンシップや出前授業

人材

 国土地理院は、将来の技術者育成に向けたプロジェクトを展開する。広報・教育両面からのアプローチを計画。今夏に大学、大学院、短大、高専に在籍する学生を対象にした技術系職場体験実習(インターンシップ)を開催するほか、全国1300の電子基準点の多くが学校にある利点を生かし、児童生徒や教師にその役割や測量の大切さを伝える出前授業に取り組む。高校の授業で「地理総合(仮称)」が必修化されるのに対応した取り組みも進めていく。
 昨年11月に策定した広報戦略に基づき、具体的な広報活動の内容や目標を明確化して推進するリーディングプロジェクトを設定。技術者を育成するプロジェクトや年間6万人が訪れる茨城県つくば市の同院内にある「地図と測量の科学館」の積極活用を通じた取り組みも一段と強化する。職員のプレゼンテーション能力を向上させる「広報パーソン」の育成も推進する。
 こうしたリーディングプロジェクトの取り組みを22日に同院で開いた「『国土を測る』意義と役割を考える懇話会」の2回目の会合で紹介した。
 懇話会では、3月の初会合での議論を踏まえ、同院の役割や取り組みを広く国民に紹介するためのキーワードを「はかる」「えがく」「まもる」に集約。各種技術を駆使して整備した国土全体の地図を電子媒体を含めて提供しており、これが健全な国土管理や災害時の情報収集などに生かされていることを表現した。
 懇話会では、「伝える」から「伝わる」ことを意識しながら、「国土を測る」意義と役割をめぐる議論を引き続き進め、年度内に報告書をまとめる予定だ。22日の会合に先立ち、懇話会メンバーが同院内施設を見学。147年の伝統と最新鋭の技術見て議論に役立ててもらった。

国土地理院懇話会/将来の技術者育成へプロジェクト/インターンシップや出前授業

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  2. “世界最高のモチベーションカンパニー”を目指した健康経営の取り組みとは?

    “世界最高のモチベーションカンパニー”を目指した健康経営の取り組みとは?

  3. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

    建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  4. 国交省 田村計 土地建設産業局長が就任会見/働き方改革、民間の理解と浸透広げる

  5. 社歌に出会う旅 1~豊橋商工会議所「社歌ラップ・ワークショップ」~

  6. 日立ビルシステムの社長に佐藤寛会長、4月1日就任

  7. 事業承継と親族後継者の「学び」

  8. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  9. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

  10. 厚労省、国交省、日建連ら/働き方改革協議会が初会合/官民一体で長時間労働是正へ

アクセスランキングをもっと見る

page top