茨木駅前ビル再整備で市が2棟建替案を提示 画像 茨木駅前ビル再整備で市が2棟建替案を提示

インバウンド・地域活性

 大阪府茨木市は15年度に委託した「JR茨木駅西口駅前周辺整備基本計画検討業務」(担当=アール・アイ・エー)の成果の一部を明らかにした。同駅の西口駅前ビル(西駅前町4)の建て替え案で、駅と東海道本線に近い位置に高層の住宅棟を、住宅棟の西隣に低層の商業棟を配置するプラン。このプランをベースに今後、建て替え案を検討する。ビル地権者らでつくる茨木駅前ビル再整備検討委員会は既に耐震改修案を策定。年内にも建て替えるか耐震改修するかのビル再生方針を決める見通し。
 市は基本計画検討業務で、駅西口の配置計画の基本的な考え方を策定。▽駅利用交通と通過交通を分離▽車両・歩行者の分離・整序化▽駅前としてのにぎわい空間の確保-を提示した。
 検討業務では、住宅機能と商業機能を複合化する建築物1棟を整備する案も示したが、住宅棟と商業棟で駅前広場を囲み広場も確保してにぎわいを重視する2棟案が建て替える場合の主力案になった。
 今後、検討委員会では市が提示した建て替え案の検討に着手。委員会は建て替え案の検討業務をアール・アイ・エーに委託する予定。耐震改修案の業務も同社に委託していた。市と同社も委員会に参加している。
 同ビルは1970年の大阪万博開催に合わせて整備され老朽化が進む。地権者らは中長期的なビルのあり方を考え、建て替えや大規模改修を含めたプランの検討を進めている。再生に向けた勉強会は14年度に立ち上げアール・アイ・エーも開催支援などを行ってきた。
 現在のビルの規模はRC造地下2階地上10階建て延べ2万5000平方メートル。共同住宅(201戸)のほか、イズミヤ茨木店などの物販・飲食店などが入居している。住友商事が開発・分譲した。
 市は当初、同駅西口の駅前広場の再整備を先行する予定だったが、老朽化が進むビルも含めた再整備事業を検討することになった。

茨木駅前ビル再整備(大阪府茨木市)/市が2棟建替案提示/検討委、16年内にも方針

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  2. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  5. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  8. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  9. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  10. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

アクセスランキングをもっと見る

page top