【おおさか地域創造ファンド:2】既存設備&付加価値で新市場! 画像 【おおさか地域創造ファンド:2】既存設備&付加価値で新市場!

制度・ビジネスチャンス

【記事のポイント】
▼新製品は既存設備でできる開発から始める
▼助成対象という”お墨付き”をセールスに活かす


■リーマンショック等の影響で会社縮小を覚悟

 地域資源を活用した新しい事業にチャレンジする中小企業に対して助成金を交付する「おおさか地域創造ファンド」。”新しい事業”とはいえ、既存の技術やノウハウ、設備、ネットワークなどを活用したものであれば実現の可能性は高い。丸昌商店はまさにそんな成功例だ。

 同社はかつて繊維業が栄えた大阪府泉南市で1952年に綿花商として創業した。しかし、時代の変遷とともに生産設備を導入して糸の生産に参入し、カーペットやマットなど敷物系のパイル糸を主に生産するメーカーへと転身。大阪府のほか鳥取県や、遠く海外の中国にも工場を抱えるメーカーへと成長した。

 だが、2000年代後半のいわゆるリーマンショックや円高の影響を受けると、ホームセンターやインテリア量販店などがカーペットやマットなどの完成品を安価な海外から輸入するようになり、同社にとって直接の取引先となる大阪南部のカーペットメーカーの業容が縮小。そのあおりを受けて同社の業績も急激に落ち込んだ。同社代表取締役社長の片木秀一氏は当時を次のよう振り返る。

「商圏が3分の1以下に減ってしまい、ピーク8000~9000トンだった年間生産量は、リーマンショック後の09年には1500トンにまで落ち込んでしまったんです。中国の工場は閉鎖し、鳥取の工場は規模を縮小し、これはもうあかん、なにか新しいことができなければ、会社全体を縮小せざるを得ないと覚悟を決めましたよ」

■新製品の開発という起死回生でファンドを活用

 ところが、同社はアース製薬と約20年前から手を組み、アース製薬が開発した防ダニ効果の見込める薬剤を使ったパイル糸を開発して、防ダニカーペットの製品化に貢献した実績を持っていた。その延長線上でアース製薬は、ダニだけではなく虫、雑菌、カビ、アレルゲン、ニオイをブロックする新薬剤「セブンエフェクト」を開発していたが、まさにこの頃、その開発にめどがついたと連絡が入ったのだ。

「これをいかした新製品の開発にかけようと決意しました。その活力源として目をつけたのが『おおさか地域創造ファンド』です」

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

    ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  2. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  3. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

    国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  4. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  5. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  6. ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. 日建連/建設業ハンドブック2017作成/売上高営業利益率が4年連続上昇

  9. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  10. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?

アクセスランキングをもっと見る

page top