【爆買いの次に来るもの:3】食品の爆買い、ネクスト・ビッグウェーブは? 画像 【爆買いの次に来るもの:3】食品の爆買い、ネクスト・ビッグウェーブは?

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼中国人の食品土産トレンドは“地名”と“あまおう”
▼SNS拡散が進む中、見栄えのするパッケージほど売れる
▼次なる食品土産ブームは“インスタントラーメン”


 年間2000万人を超える外国人観光客が日本を訪れ、急速に拡大を続けるインバウンド市場。 内閣総理大臣を議長とする「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」では、20年には4000万人の訪日、8兆円の消費という目標が示されている。そんな外国人観光客のお目当てのひとつが、お土産に買い求める“日本の食べ物”。まとめ買いされるような人気の菓子から、今後ブレイクが予想されるお土産の条件が見えてくる。

■ドン・キホーテのレジに並ぶ外国人観光客

 08年から銀聯カードの取り扱いや店内案内の多言語化といったインバウンド事業を進め、多くの外国人観光客を集めるドン・キホーテ。全国でインバウンド強化型店舗を続々出店する同チェーンにあって、首都圏トップの免税売上高構成比を誇るのが東京都中央区の「ドン・キホーテ 銀座本館」だ。売上の41.6%がインバウンドである同店では外国人観光客、中でも特に中国人が大量に日本のお菓子をレジに運ぶ姿が散見される。

 同店によるとイカや帆立貝などの高級珍味や、“東京”や“富士山”などパッケージに地名が書かれたお菓子が人気商品とのこと、さらに、中国からの観光客を中心に人気が上昇しているのが、イチゴの“あまおう”をつかったお菓子だ。同店のお菓子コーナーを眺めると「あまおうスフレ」や「あまおうケーキ」といった“あまおうシリーズ”が何種類も並んでおり、人気のほどが窺える。

■中国人の評価ポイントは「味よりビジュアル」

 果たして、これらの日本土産として人気を集めるお菓子には、どのような法則性があるのだろうか?「新浪微博」をはじめとする中国のSNS上でクチコミを毎週集計し、訪日中国人の消費動向や消費需要を分析している「トレンドExpress」の四家章裕編集長は、「訪日中国人にとって、日本のフードの評価ポイントは『味よりビジュアル』。すなわち見た目の良さに重きが置かれているのです」と指摘する。

《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  2. ホントに牛肉? 「宮崎牛」25キロ使って描いた富士山模型が話題!

    ホントに牛肉? 「宮崎牛」25キロ使って描いた富士山模型が話題!

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  7. 大阪万博誘致、テーマは「未来社会のデザイン」、建設費は1250億円

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  10. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

アクセスランキングをもっと見る

page top