ドローンで建設現場の3Dモデル化、短時間で広範囲カバー! 画像 ドローンで建設現場の3Dモデル化、短時間で広範囲カバー!

IT業務効率

 アクティオ(東京都中央区、小沼光雄社長)は19日、測量機器メーカーのニコン・トリンブル(東京都大田区、丹澤孝社長)と国際航業と共同で、ドローン(小型無人機)などによる3次元(3D)計測サービスの提供を始めたと発表した。ドローンと、開発済みの情報化施工関連機械を駆使し、従来より短時間で広範囲の建設現場の測量などを行う。調査が難しい高所や危険地域などの測定も可能にする。
 国土交通省が推進する「i-Construction」の取り組みの一環として、建設現場のICT(情報通信技術)化を支援する。
 新サービスは、ドローンによる空撮映像からコンピューターで周辺のゆがみを補正した真上から見た画像(オルソ画像)を生成。建設現場の3Dモデル化や概算土量算出などを行い、設計(施工計画)から施工、完成までの業務の効率化を支援する。
 ドローンによる計測だけでなく、より広い範囲の測量に適した航空機によるレーザー測定、人工衛星を利用するGNSS(全地球航法衛星システム)測量、車で走りながら3D測量を行うモービル・マッピング・システム(MMS)測量の4種類の計測も用意。プロジェクトの規模や場所、内容に応じて最も適した3D計測方法を提供する。

アクティオら3社/ドローン3次元計測業務の提供開始/短時間で広範囲カバー

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. 人工知能が旅行プランを提案? 今が旬の観光地をレコメンド/NTTレゾナント

  6. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  7. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  8. 川崎地質がけん引式空洞探査車を開発

  9. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  10. 長谷工コーポら、BIMデータを直接3DCG化/マンション販売ツールに活用

アクセスランキングをもっと見る

page top