全国初!銀行内に銀行が開設。横浜銀、東日本銀の立川支店に店舗 画像 全国初!銀行内に銀行が開設。横浜銀、東日本銀の立川支店に店舗

IT業務効率

 横浜銀行は16日、4月に経営統合した東日本銀行の立川支店(東京都立川市)内に支店を開設した。横浜銀によると、銀行間で一つの店舗に同居する「銀銀共同店舗」は全国で初めてという。横浜銀は得意の個人向け営業に力を入れて、法人融資に強みを持つ東日本銀とのすみ分けを図る。横浜銀の寺澤辰麿頭取(写真右端)は「新支店は経営統合の象徴。黒字化には通常5年かかるが、3年を目標にする」と意気込みを示した。

 横浜銀の新支店「立川支店」は東日本銀の立川支店2階部分に入居した。店舗面積は55平方メートルで行員は6人を配置。窓口業務は行わずコンサルティング店舗との位置づけを明確にした。東日本銀の石井道遠頭取(写真左から2人目)は「従来の方法にとらわれずに両行で協調した運営を行う」と話した。

 持ち株会社のコンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)は今後3年で30店舗の新規出店を行う方針。コンコルディアFGの社長を兼務する寺澤頭取は「コストシナジーを見極めて成長分野に振り分けていく」と強調した。(立川)

全国初!銀行内に銀行が開設―横浜銀、東日本銀の立川支店に店舗

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

    古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  3. 熊谷組ら4社、コッター式継ぎ手を使用した橋梁床版の実用化にめど

    熊谷組ら4社、コッター式継ぎ手を使用した橋梁床版の実用化にめど

  4. ~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に

  5. サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

  6. 中部整備局、ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認

  7. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  8. 日建連専門部会が洋上風力発電の促進で報告書。基地港湾と専用作業船必要、課題はコスト

  9. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  10. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

アクセスランキングをもっと見る

page top