【時事エッセイ】「パナマ文書」問題、速やかに税金を徴収せよ! 画像 【時事エッセイ】「パナマ文書」問題、速やかに税金を徴収せよ!

制度・ビジネスチャンス

 タックスヘイブン(租税回避地)の実態を示す「パナマ文書」に名前があった約21万社の情報が先週、公開された。リストの中には日本の企業なども含まれており、新聞紙面などを連日にぎわせている▼租税回避がどのような仕組みで行われているのか、記事を読んでも理解は難しい。ただ、タックスヘイブンは人口が少なく資源のない小国・地域で行われるケースが多いようだ▼スイスの銀行員がタックスヘイブンの秘密を暴露した『世界の権力者が寵愛した銀行』(エルヴェ・ファルチャーニ著、講談社刊)によると、こうした小国は「主権」を利用して金融機関や富裕層に有利な税制を定めることでお金を集め、国や地域としての生き残りを懸けている▼その結果、世界のマネーストック(通貨残高)の半分以上がオフショアを経由し、全世界の銀行の預金総額の5分の1をタックスヘイブンが保有。グローバル経済の隠された中心になっていると指摘している▼税金の使い道には国民の目が一段と厳しくなっている。一方、徴収はどうか。グローバル経済が進む中で抜け道があるとすれば早急な対処が必要だ。

回転窓/租税回避は許さない

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

    ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  3. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  4. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  5. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  6. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  7. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  8. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  9. ボッシュ、電動アシスト自転車で日本市場に参入/拡大する日本の電動自転車市場

  10. 自動車整備業、2年連続で倒産件数増加。小規模・零細が8割

アクセスランキングをもっと見る

page top