【時事エッセイ】「パナマ文書」問題、速やかに税金を徴収せよ! 画像 【時事エッセイ】「パナマ文書」問題、速やかに税金を徴収せよ!

制度・ビジネスチャンス

 タックスヘイブン(租税回避地)の実態を示す「パナマ文書」に名前があった約21万社の情報が先週、公開された。リストの中には日本の企業なども含まれており、新聞紙面などを連日にぎわせている▼租税回避がどのような仕組みで行われているのか、記事を読んでも理解は難しい。ただ、タックスヘイブンは人口が少なく資源のない小国・地域で行われるケースが多いようだ▼スイスの銀行員がタックスヘイブンの秘密を暴露した『世界の権力者が寵愛した銀行』(エルヴェ・ファルチャーニ著、講談社刊)によると、こうした小国は「主権」を利用して金融機関や富裕層に有利な税制を定めることでお金を集め、国や地域としての生き残りを懸けている▼その結果、世界のマネーストック(通貨残高)の半分以上がオフショアを経由し、全世界の銀行の預金総額の5分の1をタックスヘイブンが保有。グローバル経済の隠された中心になっていると指摘している▼税金の使い道には国民の目が一段と厳しくなっている。一方、徴収はどうか。グローバル経済が進む中で抜け道があるとすれば早急な対処が必要だ。

回転窓/租税回避は許さない

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  2. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  3. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

    国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  4. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  5. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  6. 人気も価格も安定の銘柄豚、スーパーのファン拡大へ

  7. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  8. お金をかけなければ、知恵が生まれる

  9. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  10. 「おもてなし規格認証」取得は2020年への第一歩/インバウンド・ジャパン

アクセスランキングをもっと見る

page top