「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ 画像 「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ

制度・ビジネスチャンス

 日本道路建設業協会(道建協)は、既設舗装の調査や、適切な維持・修繕工法の選定などが行える技術者を認定する民間資格「舗装診断士」の運用を始める。舗装の効率的な管理・更新に貢献するのが狙いで、16年度に受験者を募集し、17年6月に試験を実施する予定。資格の運用実績を積み上げ、将来は国土交通相による評価・登録の対象資格として申請することを目指す。
 舗装診断士の業務は、目視・路面性状調査・構造調査などによる破損実態の把握、破損の程度の評価、原因特定、維持・修繕工法の選定、設計条件の整理、路面・構造設計、補修計画の策定支援などを想定している。舗装診断士の受験者は、1級舗装施工管理技術者資格の保有者を原則とする。7年以上の舗装関連業務の経験が必要。一部の資格保持者は2級でも受験を可能にする。舗装コンサルタント協会の「舗装調査診断士」の取得者で一定の条件を満たし、技術講習を受ければ舗装診断士の資格を付与する。
 国交省は、公共工事の調査・設計などの業務内容に応じた知識・技術を持つ人の資格を評価・登録する制度を運用している。道路関連は橋梁とトンネルが対象施設となっているものの、舗装は対象外。道建協は舗装について「道路の構成要素として重要な役割を持っている」として、制度の対象となることを期待し、先行して民間資格として舗装診断士の運用を始めることにした。

道建協/「舗装診断士」資格の運用開始/17年6月に試験、大臣認定の取得めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

    成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 卸売会社と海外バイヤー、輸出増へ直接取引。農水省が規制緩和

    卸売会社と海外バイヤー、輸出増へ直接取引。農水省が規制緩和

  4. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  5. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  6. 成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン

  7. 混迷続く豊洲市場と五輪問題、関係者・事業者への影響さまざま

  8. えっ花人間!渋谷に突如現れたフラワーマンの正体は?

  9. 本日の新聞から:人民元切り下げの影響、日本、世界へ

  10. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

アクセスランキングをもっと見る

page top