クレドールの“顔”、文字盤に命を吹き込む彫金師 画像 クレドールの“顔”、文字盤に命を吹き込む彫金師

IT業務効率

 艶やかなデザインが腕時計ファンを魅了するセイコーの高級腕時計ブランド「クレドール」。繊細かつ大胆な技でその価値を高めているのが、セイコーインスツル(千葉市美浜区)で彫金師として活躍する照井清さんだ。

 かつて彫金加工を得意としていなかったセイコーにあって、飽くなき探究心で道を切り開いてきた。その功績が認められ、2007年には黄綬褒章を受章。新たなデザインを生み出すべく、今も着々と進化を遂げている。

 クレドールの“顔”ともいえる文字盤部分。そこに装飾を施し生命を吹き込むのが、彫金師の役目だ。製品一つひとつ、作業はまさしく真剣勝負。幅0・4ミリメートル前後、深さ最大0・15ミリメートルの極細線を彫り、慎重に模様を描いていく。このため、「1部品で1週間半、時計1個分だと1カ月半以上はかかってしまう」と照井さんは苦笑いする。

 彫金担当となったのは、90年代半ばのことだ。彫金時計の投入を決めたセイコーだが、課題は加工の担い手不足。長年クレドールのケース製造を担ってきた照井さんに、白羽の矢が立った。

 「当時セイコーに彫金の歴史はなかった。後発でスイス時計に対抗するには、同じことをやってはダメ。どんどん新しいことに挑戦した」と照井さんは振り返る。

 例えば金属を削る刃物類。通常、市販の刃物が使われるが照井さんはあえて手に取らなかった。「刃物は今もデザインに合わせて自作している。市販品より明らかに良い加工ができる」。

 セイコーが究極の工芸時計として今春投入した「フガク」には、照井さんの技が凝縮されている。「波を立体的に表現したデザインは、今までなかったもの。ぜひ手にとってよく見てほしい」とほほ笑む。
(文=藤崎竜介)

「フガクGBCC999」
※日刊工業新聞で「マイスターに聞く」を連載中
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

    ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  2. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

    すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

  3. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  4. ~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」

  5. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  6. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  7. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  8. いまどきの工事現場ーー測量は空撮ドローンで15分!

  9. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

  10. 西松建設がインフラ監視クラウドシステム開発、省電力LPWAとIoT活用

アクセスランキングをもっと見る

page top