山形県・酒田港に木質バイオバス発電所、10万世帯分をまかなう 画像 山形県・酒田港に木質バイオバス発電所、10万世帯分をまかなう

IT業務効率

 住友商事関連会社のサミット酒田パワー(山形県酒田市、高瀬正道社長)が山形県酒田市の酒田臨海工業団地に計画する東北最大級の木質バイオマス発電所の建設工事が、6月1日に着工する見通しとなった。同日午前に現地で着工式を行い、本体工事をスタートさせる。事業費250億円を投入し、発電規模約5万キロワット時の発電所を建設する。施工を住友重機械工業が担当。18年5月の完成を目指す。
 新たに設置する発電所は、一般家庭約10万世帯分に相当する5万キロワット時の電力を生み出す。
 施設では木質ペレットを年間10万トン、間伐材を原料とする木材チップを同16万トン程度使う計画という。
 生み出した電力は住友商事100%子会社のサミットエナジーを通じ、企業などに供給する予定だ。
 先月中旬には、発電所の付帯施設となる木質ペレット保管倉庫の起工式が同団地の対岸にある酒田北港古湊第一岸壁で行われた。
 本体施設と保管倉庫はいずれも18年5月に運用を開始する。
 サミットエナジーは、国内では糸魚川バイオマス発電所(新潟県糸魚川市、発電出力5万キロワット時)を運営している。
 酒田港での同発電所建設のほか、衣浦港(愛知県半田市)の隣接地に「半田バイオマス発電所」(7・5万キロワット時)を新設する計画を進めている。

サミット酒田パワー/酒田港(山形県酒田市)に木質バイオバス発電所、6月1日着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

    サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

  2. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

    【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

  3. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

    ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  4. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  5. 都内の大深度、長距離下水道トンネル工事にスマホ対応型情報管理システムが!

  6. 国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

  7. サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

  8. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

  9. 渋谷区、タブレット導入実証成果を紹介/ドコモ教育ICTフォーラム

  10. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

アクセスランキングをもっと見る

page top